Posts Tagged ‘建築道具’

■ これは職業柄でしょうか。

建物に入るとその傾きが分かるんですよ、僕。

んっ・・・・

若干傾きありやな。

と。

そもそもお家って傾くの?

と思われる方も多いかもしれないけど、

実は結構多いんですよ、木造住宅の経年による傾き。

傾いたお家の多くは、地盤が不同沈下している場合が多い。

不同沈下の主な原因は、

地盤の支持力不足

隣地の掘削工事によるもの

建物の荷重の偏り

地震

液状化

不適切な地盤補強

などが挙げられます。

中でも最も多い沈下のケースは・・・

このように、地山と盛土との自然圧密の差。

地山とは、元々ずっと土の状態だった土地。

盛土とは、その上に建物を建てるから後から土を入れた土地。

地山は長年に渡って雨水などを含んでいるので

もうこれ以上は下がらない。

一方盛土は、新しく土を入れてるから

経年で下がっていく可能性が高いってわけね。

そうならないためには、締め固めを行い、場合によっては

地盤を改良しなきゃいけないってことです。

その地盤改良工事を怠れば、結構高い確率でお家は傾きます・・・

経年で傾いたお家は、

サッシの開閉や建具と枠に隙間が生じたりと

日常生活を脅かすことになる。

新築されるときは、必ず地盤改良工事を行うことですね。

加えて地盤保証書を発行してもらうことです。

だいたいが10年保証になってます。

10年満たないお家が傾きはじめて、保証の対象になるのが、

1000分の5と言われています。

保証会社によっては、1000分の4・3とかもあるみたいですが。

これは何の数字かと言えば、

1000≒1m 5≒5㎜ になっており、

1mで5㎜の傾きがあれば、OUTってわけ。

例えば、6帖のお部屋がありますよね。

6帖って約2.7m×3.6mという寸法なんですが、

3.6m側の端から端で、1㎝8㎜傾いていれば

1000分の5に該当するってことです。

その3.6mの間にサッシが付いていれば、

間違いなく隙間や開閉に支障があると思います。

そしてその傾きをどうやって調べるか。

よくテレビなんかでビー玉を転がしていますが、

ビー玉の転がりで1000分の5を数値化はできないよね。

僕の会社は稀に傾きを調査してほしいという依頼も

請けるんですが、そんな時は・・・

ビー玉を28個持って行きます。

そして、一斉に28個のビー玉を転がす。

これで何が分かると思います・・・・?

そう。

何も分からない。

ただうるさいだけ~(/・ω・)/

冗談ですよ、冗談。(=^・^=)

こういう機械で図るんですよ。

実はこの機械の中には・・・・

小っちゃい宇宙人が入ってます!!

何かそんな雰囲気醸し出してるでしょ?

あ、ごめん。。。

この機械は、このように使用します。 ↓

奥に赤いレーザーラインが見えますよね。

このレーザーライン、完璧なる水平線なんです。

この水平ラインにスケール(メジャー)を床にあてて図る。 ↓

この数字は、床から11㎝位ですよね。

これを6帖のお部屋で一方の角が12.8㎝だった場合は、

1.8㎜の傾きありってことになる。

とても怖い不同沈下ですが、

お家のメンテナンスをプロに依頼する場合は、

このように傾きも調べてもらった方が良いですね。

何も問題なければ、良好な状態だと安心することにもなるしね。

今日も応援のクリックを~~~!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


Tags:

コメント(2)

PAGE TOP