Posts Tagged ‘中古住宅購入リフォーム’

■ 昨日からリフォームに着手した現場

大阪府枚方市の中古一戸建て住宅。

会社HP をご覧いただき、新規でご依頼を頂戴しました。

古家を購入されて、入居前のリフォームです。

内容は、和室を洋室に変えたり、床暖房を設置したり

洗面台を取り替えたり、ベランダの防水工事などなど。

あっちの御宅が終われば、こっちのお家へ。

あっちもこっちもやりながら、こっちのお家へ。

と、気づけばもう11月も終わりですね~

今年も後1ヶ月。

早いものですね。

さて、こちらのリフォーム内容に、和室壁をキレイにする内容が含まれてます。

新築では高い確率でなくなってしまった和室の塗り壁。

専門用語で 『じゅらく壁』 って言います。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

代表的なカラーは 『うぐいす色』

薄いグリーンですね。

昔の住居は、和室と言えば必ずこちらのじゅらく壁を塗っていたんですね。

左官屋さんが、下塗りを施し乾燥させてから上塗りを塗布する。

コテひとつで、仕上げていくその壁は上手な職人さんにかかれば

凹凸が少なくて

壁紙?

と見間違える位。

今でも本格的な和空間を造りたい

という人は今風のじゅらく壁を採用される方もいます。

塗るのと貼るのでは、やっぱり雰囲気が全然変わってくるんですよね。

でも、昨今は本格和室より実用性を考慮される方が大半。

じゅらく壁の欠点は・・・

『表面がボロボロ落ちてくる』

『カビ・水跡などが如実に現れてくる』

『経年で塗り替える時、少し大層』

などが挙げられます。

 

{このように、汚れが如実に表面に現れる}

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

しかも何義なことに、このシミ・アクを消そうと再度じゅらく壁を塗布しても

消えてくれずに、新たな壁面にも同じシミが現れることがあるんです。

しっかりアク止め下地材を塗布しても。

だから僕たちも

「塗り替えますか?」

という提案を非常に出しにくいんですね。

それでも、和室は和室のまま壁をリフォームする時、こんな提案をします。

(これは全国レベルでリフォーム会社なら同じ提案と思います)

下地として、ベニア板を貼り付けてクロスにて仕上げ。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

ベニアを張ってしまえば、シミやアクなどは表面に現れることは

まず考えられません。

その上で、和風のクロスを貼りましょう。

そういう工法です。

コスト面でも

 

<じゅらく壁塗り替えの場合>

現状壁捲り・アク止め下地塗布・仕上げじゅらく塗布

工程;中乾燥期間2日間含んで計4日間

金額;6万円~8万円(6帖間・数量によって異なる)

 

<和風クロス仕上げの場合>

ベニア下地貼り・クロス仕上げ

工程;中乾燥期間不要 計2日間

金額;6万円~8万円(6帖間・数量によって異なる)

 

と、同額レベル。

工期は乾燥期間を必須とする、じゅらく壁の方が日数を要します。

であれば、

『表面がボロボロ落ちてくる』

『カビ・水跡などが如実に現れてくる』

『経年で塗り替える時、少し大層』

これらの症状を引き起こしにくい、クロス貼り工法の方が良いんですよね。

これも時代の流れなのでしょうかね。

ただ、僕は左官塗り壁が大好きなので、

本格的和室で左官塗り壁仕上げのお部屋に住んでほしい。

否めない気持ちもありますが、

メンテナンス費用や住み心地、使い勝手など

色んな面から考えて、住まうお客さんの為になる提案をする。

これが僕のシ・ゴ・ト 

ですからね~

 

今日も応援のクリックをお願いします!
人気ブログランキングへにほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


Tags:

Comments Closed

PAGE TOP