Posts Tagged ‘メンテナンス’

■ このお風呂、良いでしょー

Image16

LIXILのスパージュというユニットバスで

このダ~っと流れてくるお湯が

肩にあたるようになってるの。

ちなみにシリーズで標準化されている1620サイズの

標準仕様価格の定価は、220万円也。

お金も湯水のごとくダ~っと流れるよ。( `ー´)ノ

 

■ ぢゃ本題に。

僕のお客さんからも稀に問われること。

ユニットバスのエプロンの外し方

エプロンとは、この部位のことね。

Image15

そもそもこの部位が外れることも知らね。

と言う方もおられるんですが、大掃除の時など

目に見えない部位も掃除したいので、外し方教えてよ上野氏。

とご連絡いただくときもしばしばあるんです。

そんな時僕は決まってこう答える。

In stopped to remove the apron

てね。( `ー´)ノ

そ・出来ればこの部位は一般の方は触らない方が無難。

確かにエプロンは、このようにユニットバス据え付けの際に

単体で取り付けているので、外そうと思えば外れる。

<床パンから先行し>
IMG_5056

<浴槽を据えてからエプロンを付ける>
IMG_5054

<床パンから先行し>
IMG_4946

<浴槽を据えてから>
IMG_4947

<エプロンを付ける>
IMG_4953

<楽天で売れ筋№1のエプロン>
Image17

 

何の話ー( ̄Д ̄)ノ

(=^・^=)

 

そして、このユニットバスのエプロンは

各メーカーはもちろんのこと、

同じメーカーでもシリーズが変われば外し方が変わってきます。

さらには、もちろん普段パカパカ外れてはいけない部位なので

意外と強固に付いてます。

従い、外し方を分かったとしても・・・

ん?

合ってんの?

これは・・これ以上引っ張りまわしたらやばくね?

みたいなイメージぢゃないと取れない場合もある。

とか言いつつも、

何これ、一瞬で外れたんですが~

位に簡単な物もある。

ややこしいねん。( ̄Д ̄)ノ

そ、答えはややこしい。

そもそもこのエプロンは、浴槽内部などで水漏れが生じた際に

点検・修繕が出来るように作られた部位なんですよ。

何も分からないまま一般の方が清掃目的で外してしまえば

何かあれば水回りのことなので、漏水にも繋がりかねない。

だから余程のことがない限りは、

自身での開け閉めは避けた方が良いよってわけね。

もしそれでも外したくて外したくて我慢できない人は、

一度製造メーカーに問い合わせし、

外し方を教えてもらいながら行った方が無難ですね。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


Tags:

コメント(4)

PAGE TOP