Archive for 5月, 2017

■ 生業の住宅リフォームは、昨今多くの方・・・

いや、ほぼ100%に近い位に相見積もりをされます。

相見積もりは、当社も推奨していてこのようなページも設けてます。

相見積もりのススメはこちら

価格だけでなく、色んな視点からお勧めする相見積もりなんですが、

非常にこのような話が多い。

相見積もりなので、複数の業者が現場を見て各会社が

リフォームに関しての見解を述べるわけなんですが、

「会社によって言ってることが異なる」

と、こういう類の話がとっても多いんですよね。

お客さんからすれば、

どの会社もリフォームのプロとして依頼されている分

一体どの会社が言ってることが正解やねん。

そう思いますよね。

何故、このような話が往々としてあるかと言えば、

単純に担当者の知識が乏しいからなんですよね。

そして、多くの場合・・・

いや、ほぼ100%に近い位に・・・

僕の言ってることが正しい。
(自慢)

(慢心ともいう)

(*´▽`*)

 

先日、このような話がありました。

リフォーム見積依頼の内容は、外構工事。

ざっくり言うと、今お庭の部分を駐車場にしたい。

過去の施工で例えると、こんな感じ。

【BEFORE】
12

【AFTER】
20

こちらは、駐輪場になりましたが、

奥のスペースを壊して縦二台駐車可能なスペースに。

という内容。

で、上の写真は元々の駐車場の土間から

良い感じに新しい土間が続いて行ってますよね。

今日ブログで紹介するお家、

諸事情によって傾斜をちょっときつ目にとらないといけない。

ちょっと想像してみてもらえます・・・?

30cmの高低差を約2m60㎝で傾斜にする。

その時、車を駐車した際に、車が擦れるか・擦れないか。

車を乗られる人は、一度は傾斜がきつい道で、

ガリゴリって車下が擦れた経験ってあるやん?

あれ、あれ。

あれのことね。

踏切とかでありがちなあれね。

そしてこの問題に、

他社は絶対に擦れると言い切り、

僕は、絶対に擦れないと言い切った。

お互いに言い切ったあたりが、またお客さんを悩ませるよね。^^

この問題は、出来上がってみないと何とも言えないことも確か。

でも、出来上がってみて、すみません・やっぱりダメでした。

では・・・

(・ω<) てへぺろ

ぢゃすみませんよね。

冗談ですよ、冗談。^^

 

そこで、僕の言ってることが正しいと証明するために

こういう物を作ってみた。

IMG_2547

こんな感じのお車を所有されているので、

紙上で車を動かして擦らない検証。

結果は擦れない。

はい、終了。

(-。-)y-゜゜゜

 

なんやろ、このモヤモヤ感。。。

いや、未達成感か・・・

そして罪悪感。

( `ー´)ノ 罪悪感は感じんでええやろ。

( ̄▽ ̄) 確かに。

 

こんな紙一枚で表現して、

果たしてお客さんを納得させることが出来るんか。

それでええんか、上野氏よ。(-ω-)/

と、僕の心の中の悪魔か天使か知らんけどささやいた。

IMG_2544

こうなったら

実車再現や。

<(`^´)>

 

幸い、僕は同じようなサイズの車を所有してますので

会社の前に、同じような高低差を同じような距離で上がる検証をすれば

一番分かりやすいやん?

というわけで作ってみた。

正確には、当社スタッフの武田氏に作らせた。^^

ペラペラの指示書で。^^

そこは、ペラペラの紙一枚でOK。^^

 

IMG_2542

IMG_2539

IMG_2540

約20㎝の車高が、マイナス8㎝になったけど擦らないことが証明。

╭( ・ㅂ・)و グッ !

 

新品のブロックは、4枚破損。

╭( ・ㅂ・)و グッ !

( `ー´)ノ グッちゃうわ。

 

ま、何より分かりやすい証明になったのではないでしょうかね。

これで、受注できなかったら

ブロック4枚と武田の労働がパー。

╭( ・ㅂ・)و グッ !

(=^・^=) なんやねん、さっきから。


Tags: ,

Comments Closed

PAGE TOP