Archive for 6月, 2012

■ 商売柄、色んなお家にお邪魔しますが

色んなモデルルームにもお邪魔するんです。

先日、大阪市内で建築中の某タワーマンションのモデルルームに

行ってきました。

もちろん、仕事の打ち合わせでね。

最近のマンションは、ほんとすごいですよね~

一流ホテル顔負けって感じ。

この写真は、2LDKの一番小さいタイプのモデルルームですが ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

最上階のタイプは、すごかったですね。

すごすぎて写真撮るの忘れたけどね

料金も又すごい・・・

販売価格、2億700万ですって。

問い合わせ&来客も後を絶たず・・・

不況ぢゃないですよ日本は

ま、その700万ってなんやねん・・

お小遣いかっ ( ̄Д ̄)ノ

ってつっこんどいたけどね。

 

■ ぢゃ本題に。

リフォームで玄関の扉を変えることがありますよね。

玄関の扉を変えるということは、もちろん今までとは異なる玄関カギに

なるわけですが、特に新築などは玄関扉を付けてから結構な時間

工事中ですよね。

その間、玄関の鍵ってどうなっていると思います・・?

新築でもリフォームでも、完成すれば玄関の鍵がもらえますが

まさか、その鍵って工事期間中使用していた鍵なの・・?

とすれば、何か嫌な感じしません?

だって、疑えばキリがないけどいくらでもスペアキーを造れますよね。

あまり、ここまで突っ込んでくるお客さんも稀だけど、この玄関鍵の謎について

『 へぇ 』

って感心される人もいるので、ご説明すれば・・・

リフォームとは幸せを生み出すもの!

コンスキー(工事中使用)

って書いてますよね。

この鍵と本鍵が玄関ドアには付いてきます。

そして、僕たち業者とリフォームであれば、工事期間中はお客さんも

このコンスキーを使います。

工事が終わり、本鍵の梱包を開けますよね。

そして、新しくなった玄関ドアに本鍵を差し込んで1度施錠してもらうんです。

するとね・・・

二度とコンスキーでは回らなくなるんですよ。

この時点で、コンスキーは只の鉄クズに変わるってこと。

非常に良く出来たシステムであり、ユーザー心理を解消してくれるアイデア

ですよね。

あ・

どうでもよかった・・・? ( *´艸`)

今日も応援のクリックをお願いします!

にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


Tags:

コメント(2)

PAGE TOP