リフォームで何を重要視したか

2014年01月11日

カテゴリー: リフォーム検討中のあなたへお役立ち

■ 先日、税理士さんから送られてきた。

今度は個人の給与所得による税金の納付書。

(‐^▽^‐) うふふ。

税金を納めるのって

ほんと、嬉しい~

そんなわけあるかい。( ̄Д ̄)ノ

 

■ ぢゃ本題に。

今日は過去記事をリライトしたいと思います。

人生で数える程度しか経験しないかもしれない

住宅のリフォーム。

あなたは

何を基準に業者を選びますか?

人の考え方は十人十色ですが、実際に過去リフォームを経験した人の

多くがこう思っている。

そういう多数ご意見をご紹介します。

とある調査会社さんが、

過去3年以内にリフォームを経験した300人から

取られたアンケートがあるんですね。

質問は、

リフォームで何を重要視したか。

複数回答が可能で、11位までのご意見が揃ってます。

1位は何だと思います・・・?

コスト?

デザイン?

 

堂々の第1位はね・・・

担当者の接客態度なんですよ。

約52%という数字。

そして第2位は、担当者の説明の丁寧さ。

住宅のリフォームは高額を扱います。

高額を扱うからこそ、コスト面よりも担当者の質を重要視してるってわけ。

1位と2位は、完全に担当者という人間の問題だからね。

3位にコスト・価格なんです。

数字は49%

 

ま、これはどこの業界でも言えるかもしれませんね。

担当者の質が良くて、且つ安価。

言うことないやん。

以下の順位をご紹介すると、

4位 工期や工事時間

5位 事後に不具合が生じないこと

6位 近隣住民への配慮

7位 アフターサービス

8位 企画・提案力

9位 工事現場の雰囲気

10位 工事現場の清掃

11位 デザイン

となります。

 

どれもこれも非常に重要なことばかりですが、

1位~11位までをユーザーの心理でまとめちゃうと

こういうリフォーム会社が最高なんですよ。

丁寧で、ユーザーの側に立った接客を心がけ

建築素人にもよく分かる説明をし、

最大限のコストパフォーマンスを検討。

実施する前は、必ずご近隣へ挨拶を行い工事車両など迷惑を

かけないように心掛ける。

工事は決まった時間内に行い、いくらリフォーム中と言えども

現場は常に綺麗な状態を維持し、工期を厳守し引き渡すようにする。

もちろん事後に不具合がでない施工をすることは当然とし

完了後のアフターサービスを怠らない。

見積もりに関しては、プロとしての企画・提案力を発揮し

デザインにも少し凝ってみる。

完璧でしょ?

 

こういう風にまとめるとついつい思っちゃう。

そう、

これは完全に・・・・・

(あ、僕のブログのプロ読者の皆様は、

何が言いたいか分かりましたね? )

 

 

僕の会社みたいやん~ 

てね。 (=^・^=)

良い日曜日を~

今日も応援のクリックをお願いします!


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP