パックイン給湯器を再利用してユニットバスを入れ替えたい

■ 先日会社のHPからお問い合わせを頂戴した

浴室リフォームがあります。

IMG_9323

本日より開始した内容は、マンション住宅の

ユニットバスからユニットバスへのリフォーム。

こちらのリフォーム、

僕の会社を知っていただく前に計2社から見積をとられました。

そう、どうしても納得できない理由があってね。

それは・・・

パックイン給湯器を再利用してユニットバスを入れ替えたい

ということ。

そもそもパックイン給湯器とは、こんな感じで集合住宅にありがちな

浴槽横に幅をとってた風呂釜を撤去し、

スッキリした給湯器にして浴槽を広くしちゃおう。という代物。

Image1

浴室内がスッキリした分、給湯器は屋外のパイプスペースなどに

設置されます。

この写真は、パイプスペースではないけど、パックイン給湯器の背面ね。

現状バス外部 (1)

お風呂本体は取替たいけど、パックイン給湯器はまだ使える年数。

であれば、誰だって再利用したいですよね。

でも僕の会社以外の2社は、現状のパックイン給湯器は再利用不可の見解で、

やるなら給湯器も取替になります。という見積もりを持ってきた。

なんなんでしょうねー

今すぐ看板下ろしたらええねん。

知らないことは仕方ない。人間誰しも何でもかんでも知ってます。

そういう人はほんとにごく稀でしょう。

でもね、これは僕の憶測ですが、

知らないことを調べようとしてないと思うんですよ。

ただ単に面倒だから、給湯器本体から取り替えれば、

何も調べることはないから。

そう思ってると思うんですよ。

事実、僕も初見ではおそらく可能という見解で、

その日のうちに現在付いてる品番から調べ上げて、

結果再利用可能を確証させた。

時間にすれば、僅かに数分ですよ?

哀しくも住宅リフォームのプロと謳う業者の見解も信用できない。

そんなことがまかり通っているから、

リフォームって相見積もりが必要なんですよ。

何もお金が安い、高いを見比べるのが相見積もりではないってことです。

業者によって言ってることや出来る、出来ないの見解が異なる。

本当に信頼の置ける業者を見つけるために、相見積もりは必要なんです。

またしてもそんなことを思いましたね。

 

月曜日ですね、今週も宜しくお願いしまーす。

今日も応援のクリックをーーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP