珪藻土

■ 住宅の室内壁は、クロス(壁紙)と相場が決まっている。

と言っていいほどに需要が高い。

クロスを選ぶ・・いや、選ぶと言うよりかは、

新築だとクロスしか選べないと言った方が良いかもね。

僕の会社も例にもれずで、室内の壁を御見積する時は

ほぼ100%に近い割合で、クロスを選定する。

でも、実は僕、個人的に塗り壁が超好きなんです。

左官職人がコテ一つで壁面をアートにする塗り壁。

img_02

preview

↑ この写真、ザ・リッツカールトン沖縄。

斬新ですよねー

塗り壁の中でも様々種類があるんですが、

今日は、

珪藻土

について記事にしたいと思いますね。

Image3

プランクトンの死骸と聞けば、何だかちょっと引いちゃいそうですが

珪藻土にはクロスと比べて、こんなメリットがある。

まずは、吸湿。

室内空間に湿度が高いと感じた珪藻土は、

その湿気を取り込んでくれるんですよ。

Image4-1

 

そして吸湿の逆、放湿。

ん・・・?この部屋、今湿気少なくね?

と感じた珪藻土は、壁面に貯めてた湿気を出してくれる。

Image4

 

さらには、

ホルムアルデヒドをも吸着し分解してくれる。

Image5

 

消臭機能も兼ね備える。

Image6

めっちゃ賢いでしょ?

こういう機能性を持ってると思えば、お部屋の為に頑張ってくれてると、

なんだか愛着がわいてきません? (=^・^=)

だから汚れた時は、ちゃんとお手入れしてあげたくなるよね。

珪藻土の基本的なお手入れ方法は、

まずホコリなどを取り払うハタキ。

Image1-1

 

手垢などの部分的な汚れは消しゴムでOK。

Image1

 

ちょっと範囲が広く汚れてしまった時は、

中性洗剤を含ませてスポンジで軽く拭くなど。

Image2

 

そしてクロスに比べて確かに柄などは少ないけど、

塗り壁・珪藻土は、このように多々デザイン柄がある。

Image7

でもこれはメーカーさんが造ったデザインなので、

塗る人が自由にデザインすれば、完全オリジナルも可能なんですよね。

だから、世界で一つの壁も作れるってわけ。

昨今は色目もかなり幅が広がりました。

Image8

こんな感じで、とってもステキングな珪藻土なんですが

中々皆さん採用までに至らないんですよね。

その大きな要因は、やっぱりコスト面なんです。

一昔に比べれば、クロスに直接塗れる資材なども発売されて

安価にはなってきましたが、ビニールクロスと比較すれば

ざっと3~6倍位の価格差があるんですよ。

例えば、6帖一間の壁をクロス貼替すれば、ざっくり3万~4万位。

珪藻土はその数倍なので、最低9万位~になっちゃうってわけね。

この価格差は本当に珪藻土の良さを理解し、

熱望する人しか難しいかもしれないってことですね。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP