キッチンはワークトライアングルで作業効率が決まる

2015年05月19日

カテゴリー: リフォーム検討中のあなたへお役立ち

■ 毎年数十台のシステムキッチンをリフォームしていますが、

国内メーカーさんの良い所や使い勝手などをおいといて、

そもそもキッチンという空間で、大事な物は何でしょう。

それは・・・

ワークトライアングルで作業効率が決まる

と、言われていることと、

hint_ct1_hint3_pic2

こんな感じで、シンクからコンロや冷蔵庫へ行くまでの距離。

3辺の合計が、3m60㎝から長くても6m迄が理想とされてます。

狭くもなく、広くもないキッチンが理想ってわけね。

むしろ広さよりも動きやすさを重視した方が良いってわけ。

これは、僕たちリフォーム業者もキッチンを間取りから変更する際に

最も重要視しています。

そして、もう一つ。

キッチンカウンターの高さ

pht_feature08_25

pht_feature08_26

このように、作業のしやすいカウンターの高さは

身長÷2+5㎝と言われているんですよ。

これは実際に立たれるとよーーーく分かる。

僕は商売柄、お客さんと一緒にショールームとか行きますよね。

その時ね、

例えばカウンターの高さが85㎝が理想の身長の方だとして

実際に85㎝のキッチン前に立ってもらいますよね、すると・・・

かなりの高い確率で、85㎝ってちょっと低くない?

これはちょっと長く使うとしんどそうな感じ。

そう言われるんですよ。

何故に、85㎝が理想の身長でこのような事を言うかと言えばね、

ショールームという外の空間なので下足を履いていて、

いつもの室内空間のスリッパに比べて、2㎝程度高いからなんですよ。

で、下足を脱いでもらって再度立ってもらえば、ドンピシャの高さになる。

だからキッチンカウンターの高さって数センチでも大事だし、

よーーーく分かるってわけね。

低すぎると腰に負担がかかりやすく、

高すぎると手に負担がかかりすぎるからね。

昨今のキッチンは、とても素晴らしい機器が揃っていますが

あのキッチンのここが良い。

あのキッチンのこれが素敵。

という前に、まずはこの二点の基本を押さえることが重要ってことね。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP