彩風雨戸

2015年05月16日

カテゴリー: 建築資材のご紹介

■ 土曜日ですね。もちのろんで僕は仕事です。

今日ね、僕が生まれ育った町に行ってきた。

あ、生まれ育った町と言っても同じ枚方市なんだけどね。

枚方市○○町とか、本当に生まれ育った町のことね。

顧客の方のお家にプチリフォームを実施してきたんですが、

お家のマンションから淀川河川敷が見えるんですよ。

IMG_9206

この風景は、本当に懐かしい。(^_^)

小学校の時は、この河川敷で夕方まで友達とサッカーに明け暮れたり

朝の4時頃に起きて、淀川で釣りしたり。

朝早く行かないとベストポジションがとられるんですよ。

自宅から自転車で激走して川まで猛ダッシュしてね。

あの時のワクワク感。前夜の興奮感。

未だによーーく覚えてるな~

一度だけ、淀川で釣った魚を食べてみようという話になり、

超お腹壊したこともあったりね。( *´艸`)

淀川河川敷は、僕の小学校時代の遊び場だったんですよねー

お客さんの家のベランダで10分位、物思いにふけった。

( `ー´)ノ お兄ちゃん、何してんねん。

言うて、お客さんの奥さんに突っ込まれたけどね。

(=^・^=) あ、こちらのお客さんには僕、

お兄ちゃんって呼ばれてます。

もう30年ほど前の話なんだけどね。

本当に昨日のことのように覚えてます。

 

( `ー´)ノさっきから何の話ー

(=^・^=) ぢゃ本題に。

今の時期が一番最適かもしれない建築資材。

彩風雨戸をご紹介します

Image19

この雨戸、読んで字のごとく彩風が可能な雨戸です。

ようは、雨戸を閉めながら風を通すという優れもの。

何故今の時期が最適かと言えば、夜間などちょっと窓を開けて寝たい。

でも、窓を開けるということは防犯上ちょっと心配。

窓を閉めたまま風を通すというのは無理ですよね。

でも、この雨戸だと窓を開けて雨戸の鍵を閉めておけば

防犯上も安全だし風も通るってわけね。

Image6

Image2 (3)

このように上下で分ける事も出来るし、角度の調整も簡単。

そしてこの品は何も夜間だけに限らず、日中でも・・

Image4

Image5

目線を遮りたい時や西日がきつい時などにも有効ってわけ。

今付いてる雨戸から取り替えるリフォームタイプもあるので、

大層な工事が不要なのも特徴ですね。

彩風雨戸、お勧めでーす。

皆さん良い日曜日をーーー

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP