何年経っても自分の心の中の思い出に残る

■ 先日、僕の会社の新たな営業ツールとして

枚方つーしんという媒体で、過去実施したリフォームを

取材形式で紹介していただきました。

記事はこちら。

僕のお客さんからもとても評判が良く、

何を言っても上野さんの傍若無人ぶりが最高。

と最大の賛辞を多々頂戴した。(=^・^=)

で、実は今日・・・

Image15

第二弾として取材してもらったんですよねー

こちらのお家のね。

ひらつーさんの記事になるのは、もう少し先なので

今日の写真はネタバレしないようにボカシ入れてます。

実に面白かったです。(=^・^=)

僕も半年ぶり位にKさんにお会いし、約2時間。

何でしょうねーやっぱ当時の想いがこみ上げるよね。

お話の中で、Kさんが当時僕が発行したプレゼン資料など

全てを保管していると言って見せてくれたんですよ。

Kさんにとっても思い出深いリフォームになってると感じて

何だかとても嬉しかったです。

僕も実はKさんから頂戴したFAXなど会社のPCに保管してるんですよ。

Image13

こうして過去僕の会社でリフォームを実施していただき

完工後の幸せな姿を垣間見れるのって、

何とも言えない位嬉しいものなんですよ。

お金という大事な物を頂戴するんだからどんな職業だって大変です。

でもね、仕事をただ単にお金をもらうためだけの作業と思うのか

自分の人生で輝かしい思い出を創る作業と思うのか。

この差は、めちゃめちゃ大きいと僕は思います。

僕は今、自分で管理する現場を減らして、

極力会社スタッフに任せるようにしていますが、

何年経っても自分の心の中の思い出に残る。

そんなリフォームを請け負いし、全力で取り組んでもらいたい。

そう思います。

久しぶりにKさんご夫妻と当時のお話で盛り上がり、

会社に戻ってそんなことを思いましたー

ひらつーの取材記事は、もちろんこのブログで大々的に告知しますので

こうご期待アレー( ̄Д ̄)ノ

しかも・・・Kさん・・・何と・・・

ご夫婦共に顔出しもOKしてもらったんですよー(=^・^=)

僕もめちゃめちゃ楽しみでーす。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

2 Responses to “何年経っても自分の心の中の思い出に残る”

  1. たぬひつじ より:

    おはようございます。

    枚方つーしん、上野さんの傍若無人ぶりも一緒に楽しみにします(^_-)-☆

    • 上野太一 上野太一 より:

      (=^・^=) OK,OK
      今回もかなりの傍若無人ぶりだったので、任せといて。
      (=^・^=)カッカッカッカッカッカ

PAGE TOP