ウッドデッキ材って実は色々あるんです

■ 樹木を美しく剪定する植木屋さん。

最近、僕のお客さんからこのような話をよく聞きます。

お家の庭に生えてる樹木。年に一回位は植木屋さんに依頼して

剪定してもらってたんだけど、職人さんが高齢になってきて

だんだんと依頼する先が減ってきた。

上野さんとこは、剪定もやってくれるの?

てね。

BEFORE
IMG_9022

AFTER
IMG_9020

もちろん、やってます。

丁度今日、お客さん家のこの松を剪定してもらってました。

お庭は確かに手入れも大変だけど、

お家やその建物を印象付ける大事な役割を担うよね。

年に一度は樹木も散髪してほしいと思ってますよ。(=^・^=)

 

■ ぢゃ本題に。

木、繋がりで。

rewood

お家にウッドデッキがあるお家が羨ましい季節になってきたよね。

この画像は、人口木の樹脂製で出来てるデッキなんですが、

point08

 

ウッドデッキ材って実は色々あるんです。

ま、僕は個人的には比較的メンテナンスフリーな

人口木デッキをお勧めしてますが、

人口木には出せない味が本物のデッキにはあるよね。

例えば、レッドシダー

Image1

このデッキ材が、最もポピュラーと言っていいかもね。

ホームセンターなどに置いてるデッキ材のほとんどは

このレッドシダーです。

特徴は、加工性に優れていて(あ、カットしやすいってことね)

割れや反りが少ない資材。

 

そして、イぺ。

Image3

耐久性、機能性どれをとってもトップクラスの実力。

国内で採用している代表的な場所を言えば、

横浜大桟橋、海ほたるなどが挙げられます。

 

こちらは、ウリン。

Image2

インドネシア産でアイアンウッドなどとも呼ばれる。

アイアンって訳すと鉄でしょ?

その名の通り、めっちゃくちゃ固いの。

僕も何度か採用したことあるけど、

固定するビスが入っていかない位に固い。

かなり強固な上に、原産国のインドネシアでは船着き場に採用してる

位なので、耐久性・耐水性も抜群です。

 

そして、こちらはサイプレス。

Image4

オーストラリアの主要木材。 「サイプレス」という呼び名の他に、

「豪州ひのき」「オーストラリアひのき」とも呼ばれています。

ウッドデッキって単純に言えば、木ですよね。

木の大敵は何かと問われれば、やっぱりシロアリによる被害なんですよ。

で、このサイプレスの最大のメリットは、

世界一シロアリに強い木であると言われているんですね。

なので、屋外に設置するデッキ材としては安心なわけ。

実はまだまだ他にあるんだけど、

キリがないので代表格のみお伝えしましたー

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP