屋根瓦のずれは下から見ても分かる場合が多い

■ お家を雨から守っている部位はどこですか?

と、問われれば建築関係者以外の方でも多くの方が

屋根と答えますよね。

そう、屋根は雨漏りからお家を守ってくれてる部位です。

IMG_7241

よく程度の低い訪問販売のおぢさんが、屋根瓦ずれてまっせー

などと、あんたに何の関係があんねん。( ̄Д ̄)ノ

って突っ込みたくなるようなセリフをインターホンごしに

言ってきたりしますが、あれって何ですれてるのが分かるのか。

答えは・・・

屋根瓦のずれは下から見ても分かる場合が多い

からなんですよ。

例えば、この写真。

これは下から撮影した写真ぢゃないけど、ま・一緒のようなもの。

IMG_8852

瓦の縦・横・斜めとラインが真っ直ぐに整ってるでしょ?

ビシーって感じで。

瓦の下って多くのお家では、このように土が入ってるんですよ。

003

で、土の下に防水シートが貼ってある。↓

IMG_7280

IMG_7278

防水シートの下は、バラ板・野地板と言われる下地の木材。

この下地木材の隙間から覗けば、最上階の天井裏ってわけね。

004

従い、構造としては瓦から万一雨が侵入すれば、

まずは土が水を吸収し一時防水してくれて、

それでも通ってしまった雨水は防水シートが雨水を受け止めてくれて

下の雨樋まで速やかに排出するってこと。

瓦がまずは守り、最悪は土が雨水を吸収し、

最終手段は防水シートってことね。

この構造体を理解した上で、瓦のずれってどういうことが想定されるのか。

そ。下の土が雨水の侵入でやせ細ってることが考えられるよね。

ということは、頻繁に雨水が侵入している証拠ってことなので

雨漏りに要注意ってことね。

そして、これらを誰の手も借りずに確かめるには、

下からでも良いので屋根をガン見して、出来れば写真を収める。

ようは、瓦の縦・横・斜めのラインがまっすぐに整っているか。

これを見れば良いってことです。

IMG_8840

この屋根瓦、じーーーっと見てみて。

何となく緩やかな凹凸があるの分かるでしょ?

ほんと何となくだけど、最初にUpした屋根写真と比べると

まるで違うのが、分かります。

IMG_8852

新築当時は絶対このような凹凸は無かったんです。

ということは、経年による劣化で生じたんですよね。

程度の低い訪問販売のおぢさんは、こんな感じで人様のお家をガン見して

少しでも瓦のラインが整っていなければ、程度の低い営業活動を行うんです。

下から見て写真を撮ってラインを確認することは誰でも出来るでしょ?

身を守るためにも、

自宅の状況を把握するためにも少し気にかけてみることは大事ってわけね。

あ、もちろん少々ラインが整っていなくても

今すぐ雨漏りに直結するわけぢゃありませんよ。

今日も応援のクリックをーーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP