スペーシアガラス

■ さっむー

財布も、さっむー ( *´艸`)

 

■ ぢゃ本題に。

ほんと寒くなりましたよね~

寒くなれば、暖かい家にしたい。

何故に木造住宅は、こんなに寒いねん。

と、最近何だか毎日のように、

お客さんの家の窓ガラスを測りに行ってるような気がします。

そう、

住宅は窓ガラスを交換するだけで、

かなり高い効果の断熱

を実現することができます。

 

今日ね、

現在見積もり中で、今度ガラス取り換えを実施する

お家に打ち合わせで行ってきたんですね。

このお家は日本板硝子というメーカーのスペーシアという品で

見積もっていたんですが、

その効果はいかほどなの?

って話になったのね。

そうですね・・・・

と、僕が話かけた瞬間・・・・!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

お客さんの家のリビングテレビから、丁度スペーシアのCMが!

あ。 これです、これです。

と、CMが代わりに宣伝してくれました。

持ってるね~ 僕。

こちらのスペーシア、どこまで断熱効果が期待できるかと言えば・・・

リフォームとは幸せを生み出すもの!

一枚ガラスの約4倍と言われています。

秘密はこの構造にあります ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

二枚のガラスの間にある

この0.2ミリの真空層が室内の熱を逃がさないようになってます。

ほんまかいな・・・

ほんまにこれだけで、断熱になるんかいな。

たかが窓ガラスちゃうの。

と、誰しもが思いますよね。

テレビCMのこのおばちゃん二人も同じことを言ってます。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

20℃に保ったボックスに入れられた、おばちゃん二名。

ボックスを冷凍庫みたいな部屋に入れられて10分。

左の一枚ガラスのボックス内は、5.3℃まで低下してギブアップ。

一方、右のスペーシアのボックス内は、何と18.7℃しか低下しない。

非常によく分かるCMなので、良かったら見てね。

日本板ガラス スペーシアCMはこちら。

これだけ断熱効果が高ければ、もう一つ期待できる効果は。

YES、結露です。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

これは、メーカーの策略でしょ?

っていう位な画像でしょ?

でもね、僕も過去数えきれないくらいにお客さんのお家を

このガラスに変えていますが、

未だ、

効果ないやん上野

という声は聴いたことがありません。

ま、こればかりは、

実際に変えてみて、体感しないと分からないのが難点かな。

スペーシアガラス、お勧めです。

今日も応援のクリックを~~!


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP