キッチンを中心に全てのインテリアを提案できるトーヨーキッチン

2015年04月03日

カテゴリー: 建築資材のご紹介, 日々のお仕事

■ なんや・なんや・なんやーーーー

この天気はー(/・ω・)/

Image15

せっかく今度の日曜日に京都まで花見に行こうと

思ってんのに台無しやなー

残念無念です。

ま、天気には勝てないよね。

晴れには晴れの良さがあり、雨には雨の良さがある。

雨の日は雨の日なりの過ごし方をすれば良いさ。

人生楽ありゃ苦もあるんだから。

( ̄Д ̄)ノ 何の話ー

(=^・^=)

 

■ ぢゃ本題に。

今日は一年に一度、僕の会社と取引のある水廻り機器を卸す

商社さんが展示会をされていたので、行ってきた。

ほぼ全ての国内メーカーさんが新製品などを展示されているので

一同に見れて中々勉強になる。

んですが・・・

ほら、僕、ブログで書くために結構新製品にはうるさい方やん?

だから、何もかも知っててあんまり勉強にならないんだよねー

なので、一番興味のあるブースに長時間を費やすの。

Image5

そのメーカーさんは、トーヨーキッチン。

上の画像、すごいお部屋ですよねー

これに映ってるキッチンはもちろんトーヨーキッチンなんですが

実は、照明器具や家具に至るまで、全てトーヨーキッチンさんの

商品なんですよ。

そうなんです、トーヨーキッチンさんはキッチンだけでなく

キッチンを中心とした家具一式を販売されてるんです。

HPには、このように謳ってます。

私たちがお届けするキッチンは、ただ調理をする道具ではありません。

ライフスタイルにあわせたキッチンと、

個性を映すトータルなインテリアで、豊かな暮らしをお届けする。

まさに「暮らしの中心」、日常をエンターテイメントにする舞台。

それが、トーヨーキッチンスタイルです。

この考え方、数あるキッチンメーカーさんの中で

僕は一番正論を言っておられると思うんです。

もちろん、

何を言うとんねん。ただの流し台やがな。

エンターテイメントか何か知らんけど、

流し台とコンロ台のどこが家具やねん。

という大阪ナニワのお母さんもいる。( *´艸`)

 

そして、今やキッチンを一つの家具と捉えるという考え方は

国内メーカーさんの全てが謳ってると思います。

でも、実際にトータルでプロデュースされているのは、

トーヨーキッチンのみ。

キッチンを一つの家具と捉えるなら、

その前に設置するダイニングテーブルもキッチンに合わせて

提案するのは、何もおかしくない流れですよね?

IMG_8708

↑ このダイニングテーブル、今日の展示会のブースにあったんですが

実に斬新且つ見る人が見れば最高に恰好良い。

見る人が見れば、汚ったないだけ。

(=^・^=) 冗談ですよ、冗談。

Image3

古材を組み合わせてるので、

稀にこのように意味不明な刻印も入るんだって。↓

IMG_8710

個人的には大好きやなー

このテーブルの同じ空間には、

こんな収納キャビネットも置いたりして。

Image1

Image2

ね?

見る人が見ればたまらない位に恰好良い。

見る人が見れば、

君の家は古物商か ( `ー´)ノ

って感じ?

(=^・^=)

キッチンを中心に全てのインテリアを

提案できるトーヨーキッチン。

僕は大好きだし、

僕たちリフォーム業者にはこのスタイルは絶対に大事。

だってキッチンを提案した時って、ダイニングテーブルの色柄とか

リビングを提案した時って、ソファやカーテンの色柄とか

その全てを販売まではしなくとも提案できて当たり前だからね。

そんなことを

長時間を費やしたトーヨーキッチンのブースで思いましたー

今日も応援のクリックをーーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP