リフォームで最も大切なことは住まう人の側に立つ

■ 高視聴率をキープし日本を代表するアニメ。

サザエさん。

この前、俳句のお話を放送してたんです。

何気に娘(小1)と一緒に見てたんですよね。

そして昨日、帰宅すれば自分で考えたという俳句を見せてくれた。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

あきのもり~

りすがどんぐりぃ

かかえてる~

 

誰に教えてもうたん? (^ω^)

 

ちゃんと、季語も入ってるやん~(^ω^)

って聞けば、誰にも教えをうけずに自分で考えたと・・・・

 

 

 

 

(/ロ゜)/

 

何やと!!

 

 

天才や。。。

 

 

天才児現る!

 

7歳で才能を開花!

 

日本俳句協会に激震!

(そんなんあるか知らんけど。)

 

取材殺到!

 

笑っていいともレギュラー決定!

(平日の昼間やけど。)

 

CM続々契約!

 

『ルンルンらんらん俳句ちゃん』で、シングルCDデビュー!

(なんやねん、この歌名)

 

『俳句とわたし』 主演映画化決定!

 

子供の所得で上野は裕福に暮らしましたとさ。

めでたしめでたし。( *´艸`)

 

ブログ読者の皆さん。

これからは、

娘の敏腕マネージャーの僕が綴る

『 子供の所得とは幸せを生み出すもの! 』

で、会いましょう。

( *´艸`) さいてーな親や。

 

なんやこれ~

いつになったらぁ

はじまんねん~

 

 

■ ぢゃ本題に。

現在建築業界は、職人さん不足と言われています。

増税前の駆け込み需要で、新築が超多忙になってるからです。

僕の周りの各業者さんも皆一同に多忙を極めています。

特に少ないのが大工さん。

大工さんがいないので、業務を請けても数か月先になってしまう。

こういう話もよく聞きます。

僕の会社でも若干はありますが、まだ円滑に業務を進めていけてます。

というわけで、今日はプチリフォームで

僕の会社は二度目のご利用のお客さん宅の

バルコニーの屋根波板張り替えを実施してきました。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

僕の会社はありがたくも、業者さん・職人さん達は皆一流です。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

<クリックでリンクしてます↑>

 

今日ね、波板張り替えを実施してくれた大工さん。

感心したことがあった。

(上画像の右に映る大工さん)

バルコニーの屋根に雨樋付いてますよね。

あの雨樋って径が小さいから、よく詰まるんですよ。

しかも一般の方が簡易に掃除できる部位ぢゃない。

挙句、葉っぱや埃などが詰まってしまってオーバーフローする。

オーバーフローとは雨水が雨樋で受けきれず溢れ出すことです。

だから、波板を張り替える時は掃除のチャンスなんです。

ってことを僕は分かっていたんですが、

それを大工さんに告げずに、張り替える波板の数量を数えて、

資材屋さんに行っちゃったんです。

ま・帰ってから言えばいいかと思い、現場に戻れば・・・

お客さんから割り箸を拝借し、詰まった箇所などを取り払い、

自身の掃除道具を持ちあがり全ての雨樋を掃除していたんですよ。

(上の写真は掃除中の写真なの。)

 

これは些細なことかもしれないけど、すごく大事なことです。

もちろん、お客さんには僕の指示です。

と、良いところは丸パクリしといたけど、( *´艸`)

業者・職人さんというのは、

実はこれが一番大事なんですよ。

職人と言われる人は、厳しく言えば仕事は一人前にできて当たり前。

付加する必要なこと。

それは・・・

 

いちばん大切なことは 特別なことではなく

ありふれた日々の中で君を

今の気持ちのままで 見つめていること

忘れないで どんな時もきっとそばにいるから

そのために僕らは この場所で

同じ風に吹かれて 同じ時を生きているんだ

あ。

間違えた、

これは、小田和正の 『たしかなこと』 の歌詞や。( *´艸`)

ええ歌や~( *´艸`)

この歌をバックに子供の成長記録動画流されたら

泣いてまうでぇぇぇ( *´艸`)

 

ごめん。。。

 

 

大切なことは、

住まう人の側に立つ

ことです。

職人さんの仕事って難しいです。

技術を習得するのも難しいけど、ぞれを実践するのも難しい。

でもね、

目の前の与えられた仕事をこなすことに加えて

住まう人の側に立った時、僕はそれが本物の職人だと思うんです。

波板を張り替えることが今日の仕事。

雨樋の清掃など聞いていないし。

と、行わない人もいるでしょう。

これもはっきり言って責めることはできないよね。

だって、依頼された仕事はきっちりやってるんだからね。

反対に、ここは家の人は中々掃除できない。

ついでだし、掃除しとこ。

この気概ね。

素晴らしいことだと思います。

そして、それを僕の会社はいつまでも支えていきたいと思ってます。

支えるとは、例えば住まう人の側に立った時に稀に発生するのは、

実行予算の狂いです。

実行予算とは、簡単に言えば会社に残したい利益です。

今日紹介している一日二日の内容では、起こることは少ないけど

長きに渡る現場になると、住まう人の側に立ち

予定外・自身の業務外のことを気概でやれば、お金も絡んでくるでしょ?

その行動一つが、住まう人の側に立ち行っていることなら

支えてあげようってことです。

ま・

限度があるけどね。

あ。

ええか。

僕、

娘の芸能界デビューで儲かるし~

はい! オチた~!( *´艸`)

 

オチたと思った人は、応援のクリックを~!!


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

4 Responses to “リフォームで最も大切なことは住まう人の側に立つ”

  1. keisuke より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ほんま職人不足が続いてますよね^^
    今日は板金屋さんに依頼したはずの波板張り替えを自分で施工しましたよ(笑)
    言うたことしか出来ない職人は これから先厳しいでしょうね。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >keisukeさん
    お久しぶりですね~^^
    お忙しくされているようで、何よりです。^^
    今日は、波板張り替え繋がりでしたか。
    寒くなってきましたので、ご安全に!^^

  3. ポトス より:

    SECRET: 0
    PASS:
    パパのビフォーアフター出演より
    お嬢さんのTVデビューの方が
    早かったりするかもよヾ(@⌒ー⌒@)ノ
    その時は泣いてまうやろ~☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

  4. SECRET: 0
    PASS:
    >ポトスさん
    惚れてまうやろ~
    風に言わんとって~( ^ω^ )

PAGE TOP