他社の振り見て当社の振り直せ

2015年04月02日

カテゴリー: 経営に関して思うこと

■ 他人の行動を見て、

良いところは見習い悪いところは改める。

という意味の

『 人の振り見て我が振り直せ 』

ってすごくいいことわざだと思うんです。

そしてこのことわざを会社という組織で表せば

他社の振り見て当社の振り直せ

となる。

他社とは何も同業者ではありません。

僕、一応会社の代表者なので、

何かと異業種さんと話したり依頼したりします。

例えば、HPをもっとよりよくして売り上げUPに貢献します。

とかを専売にされているWEB会社だったり、

チラシ制作は印刷会社とかね。

共通して言えるのは、

僕の会社からお金を払って何らかの貢献をするってことね。

この世は大なり小なりこういうお金の流れで成り立ってるわけですが、

稀に思うことがあるんですよね。

なんなんこの会社、みたいにね。

6ec5cef1e162724c9a4cedc3767e4230_s

僕が生業としている住宅のリフォームは、

大事なお金を預かり、ご希望に応じてお家を綺麗にする。

そこには会社としての利益も大事だけど、

何よりも依頼者にとって役に立つ業者でありたいよね。

この会社に依頼してリフォームしてもらって良かった。

そう思ってもらえることが何より重要だと思うんです。

決して、なんなんこの会社。

というご意見ご感想にはなってほしくないし

絶対にそういう想いにならないように、

全ての業務を遂行してるつもりですし、

スタッフ全員がそういう気持ちで取り組んでる。

67f943f1aafab34a1f18cd519d42c748_s

人の振り見て我が振りを直すではないけど、

会社の利益に貢献せずにやりっぱなしの会社に何かを依頼した時、

こういう会社には絶対になったらあかんな。

そう思うんですよね。

良いなーって感じたことは参考にさせてもらい

あかんなーって感じたことは、自社に置き換えて絶対にしない。

何だか基本中の基本なんですが、

お金が絡むとやりっぱなしの会社が往々にしてあるよね。

きっと我が子には、人にされたことで嫌なことはしたらあかんで。

と教育してるはずなのにね。

人としても会社組織としても

誰かに喜んでもらい、誰かに貢献する。

とても大事なことだと思うんです。

今日も応援のクリックをーーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP