畳はイグサ色とは相場が決まってない。

■ 住宅のリフォームを生業にしていれば

色んなお家にお伺いします。

お家って住まう人の生活スタイルで大きく変わってくる。

和室を壊して洋室をご希望される方もいれば、

和室を一室でもいいからお家に残す方。

最近の事情で言えば、圧倒的に前者の考え方が多いと思うんですが

僕は、出来ればリビング横には和室があった方が良い派なんです。

ま、お客さんの要望を覆すほどの勢いはないけどね。

和室も昔ながらの『THE・和』って感じぢゃなく

ちょっぴりモダンな和空間ね。

モダンな和空間の中で圧倒的な存在感があるのは

やっぱり畳ですよね。

畳も縁のある物よりも縁無で、半畳タイプがやっぱり恰好良いよね。

一般的に言う琉球畳のことね。

あ、琉球畳って琉球で作られたイグサなので琉球畳というだけで

その形のことぢゃないんですよ。

正確には、縁が無い半畳タイプは縁なし半畳と言うんです。

そして、

畳はイグサ色とは相場が決まってない。

Image11

こんなにもバリエーションがあるんです。
*正確にはまだまだあるの。

 

見慣れてるイグサ色も素敵ですが・・

Image7

 

こんな感じの紺色も中々恰好良いでしょ?

Image6

 

こちらなどは、アジアン風になりますよね。

Image8

 

アジアン風にホワイトを取り入れてみれば

また違った雰囲気になったりね。

Image4

 

今の時期(4月)は桜色なんてどう?とかね。(=^・^=)

Image9

 

桜色にホワイト入れて、意味分からん風にしたりね。(=^・^=)

Image10

畳はイグサ色とは相場が決まってない。

もし、お家の中に一つ和空間を残す・造るなら

畳表のカラーにもこだわってあげれば、

もっと素敵な和室になるでしょう。

 

今日も応援のクリックをーーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP