■ 京都市新築マンションオプション的リフォームが

今日で全て完了しましたー

一つのお部屋は、ダイニングに別注家具をあつらえて・・

IMG_8580

IMG_8638

IMG_8636

 

一つのお部屋は、畳を縁なし半畳にプチリフォームし・・

IMG_8648

IMG_8647

 

一つのお部屋は、洋室の一角に防音室を設けたり・・

IMG_8581

IMG_8672

IMG_8673

ちょっと狭い感じはありますが、

趣味の音楽をこの室内でされるので、

ご近所への配慮で実施されました。

ちなみに、防音室の壁厚みは何と約30㎝。

普通の間仕切り壁は約10㎝なので、単純に3倍の厚みですね。

IMG_8674

入口ドアは、何と約80キロもあるんですよ。

IMG_8675

ずいぶん前から打ち合わせしてきた現場なんですが、

実施から終了すれば、本当に月日が経つのは早いよね。

何てことをこの桜の木を見て思った。

IMG_8670

現場近所の桜。

開花の早い木で三分咲き位でした。(=^・^=)

何故に、この桜を見て月日が経つのは早いと感じたか。

あ、この桜、京都の木屋町通り高瀬川沿いにある桜なんです。

夜はライトアップされてとても綺麗。

IMG_8669

IMG_8671

京都は、桜の名所が数えきれない位にありますが、

この木屋町通りの桜は、僕の中ですごく思い出深い桜なんですよ。

丁度9年前、

この木屋町近所でこんなリフォームを実施したんですね。

BEFORE
12

AFTER
a

当時の僕は31歳かな。

で、この時、嫁が妊娠中でしてね。

具合が悪くて入院してた時期だったんですよ。

仕事が終わり顔を見に行った時、嫁が僕にこう言った。

「 今年の桜はどこにも見に行くことできないな 」

てね。

( *´艸`) 別に生き死にの入院ぢゃないよ。

 

だから当時仕事中に、

この木屋町の桜を携帯で撮影し嫁にメールしたんです。

なんなんでしょうねー

こんな些細なことを今でもものすごく覚えているんですよね。

だから僕にとって、木屋町の桜は思い出の桜ってわけ。

ま、嫁は多分何の記憶もない位に忘れてると思うけどね。

その年の夏、娘は元気に生まれてくれた。

あれから9年。

早いなーーーー

何てことを

今日も仕事中に見に行った木屋町で思ったんです。

 

総じて言えば・・・

僕は9年前も今も仕事中によくさぼるって感じ?

9年経っても成長無って感じ?

(=^・^=)

今日も応援のクリックをーーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP