大改装!!劇的ビフォーアフター夏休みスペシャル②

2011年08月14日

カテゴリー: リフォーム工事中現場ご紹介

◆ 大改装劇的ビフォーアフターのコーナー

しかも、夏休みスペシャル

全面改装した家屋を解体工事工程から順に

ご紹介しています

8月13日・14日・15日・16日と4日間に分けてのお届け。

これぞ、夏休みスペシャル

というわけで、4日間見てね。

前回見ていない方は、前日のブログを見てね。

 

ご紹介している物件は10坪の住居。

当時は幼子だったお子さんと、家屋外でのコミュニケーションを

図れる場所が(゚д゚)ホスィ…

でも・・・10坪に庭は不可能に近いですよね・・

そこで、提案!

ルーフバルコニー(屋上)

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

屋根(瓦・カラーベスト)を取り払い

ルーフバルコニーを造る。名付けて『屋上天国』

下地には鉄骨を用います。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

鉄骨下地の上に折板(せっぱん)という屋根材を敷設。

よく、工場などで用いられる屋根ですね。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

これだけでも充分雨水を防ぎますが、

夏の暑さや万全な雨仕舞いの為、

更に屋根材を重ねます。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

敷設したのは、亜鉛メッキ銅板。

二重構造で雨漏りは完全にシャットアウト。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

そして、仕上げにはウッドデッキを貼り付けていきます

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

すれば・・

単なる屋根が・・

何の使用途も無かった空間が・・・

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

こうなります!!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

一方、内部は、大工さんが造作中。

今まで一切入ってなかった、壁面・天井裏に

断熱材を埋めていきます。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

フローリングも仕上がってきました。

フローリングの下に見える、シルバー色のモノは

温水式の床暖房。

床暖房は、電気よりガスが断然気持ち良いです。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

そして、リフォームして絶対に解消したかった階段。

今までの階段は急すぎて、毎日の昇り降りがとても苦痛でした。

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

 

内装は仕上げ待ちの状態まで完了。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

本日はこれまで。

次回は、

キッチンやトイレの設備機器工事

内装の仕上げ工事をご紹介します。

明日も見てね。

今日も押してね。
人気ブログランキングへ にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: , , ,

3 Responses to “大改装!!劇的ビフォーアフター夏休みスペシャル②”

  1. 達哉 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    階段室はちょっとしたことで開放感が保てたり圧迫感が出たりとする場所ですもんね(^^)
    いつもええ勉強をさせて頂いておりますm(__)m

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >達哉さん
    コメント、ありがとうございます!
    建築関係のお方ですね?
    仰る通り、階段室って結構重要ですよね。
    ええ勉強ですか~、励みになります!

  3. 達哉 より:

    SECRET: 0
    PASS:
    >リフォームとは幸せを生み出すもの!さん
    はい(^^)
    建築業で御飯を食べさせて頂いております。
    トップバルコニーの下にセッパンを使われてるのには『おぉーなるほどφ(.. )』と思いました♪
    これからも拝読させていただきますm(__)m

PAGE TOP