世はまさに大節水時代

2013年10月28日

カテゴリー: リフォーム検討中のあなたへお役立ち

■ アニメ、ワンピースの世界では、

世はまさに大海賊時代らしいね。

大変やな。( ̄Д ̄)ノ

 

リアルな現代は、大○○時代と言えるでしょうか。

色んな言い回しが適用するかと思いますが、

我が建築業界で、一つ言えるのが・・・

大節水時代。

キッチン・お風呂・洗面・トイレと水回り機器は、

一昔前と比べ

その節水力は格段に向上しています。

中でも一番気になり、一番節水になるであろう部位が、

そう。

トイレです。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

13Lとは、10年程前それより昔の便器の1回の浄水量。

トイレで用を足し、大の方を回せば出てくる水の量です。

なかなかの量でしょ?

よく、もったいないからタンクの中にペットボトルを入れて

浄水量を減らしている方もいますね。

あれは、僕の私見ですが内部部品が壊れやすいから気を付けてね。

今どきの便器は、上画像の通り、小3.8L/大4.8Lで流れてくれます。

この差は、誰が見ても大きいんですが、

ぢゃ聞くが、

我が家は節水型の便器に変えたら

いったい水道代がなんぼほど変わるねん。

というのが、最も知りたいですよね。

 

ナイスなWEBを教えます。

TOTOリモデルエコチェッカー

というHPがあります。(↑クリックでリンクしてます)

 

面白いよ。

こんな感じでね、いとも簡単に概算ですが我が家の節水代金を

出してくれます。 ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!
リフォームとは幸せを生み出すもの!

例えば、家族数は夫婦・子供二名男女にしますね。

で、今日ご紹介したいのは便器なので、トイレを選ぶ ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

↓ 多いであろう使用年数の20年~16年前にしてみる。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

↓ 温水洗浄便座、ウォシュレットのことね。 ついているお家にしてみる。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

で、取り替え予定の便器を選ぶ。

全然決まってないときは、適当に。

例えばタンクレスではなく

タンク付のピュアレストEXという非常によく出るタイプの便器があるので

これを選ぶ。 ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

結果。 ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

年間約¥18.100の節水になるってわけ。

これは結構大きいと僕は思うんです。

例えば、築15年程度でトイレの内装はそのままで、

便器・便座だけを入れ替えたい。

そう思ったとしますよね。

僕の会社で言えば、こういう事例ですね ↓

<BEFORE>
リフォームとは幸せを生み出すもの!

<AFTER>
リフォームとは幸せを生み出すもの!

こちらの事例、商品代金+便器便座+取付費用+旧便器廃棄処分

全てを入れて、¥140.000位なんですよね。

リフォーム後は、年間¥18.100の節水。

¥140.000÷¥18.100≒ 8年に満たずに元値を回収できるんですね。

元値回収と言っちゃうと何だか収益か、投資みたいだけど・・・

便器も綺麗になり、工事費用をも節水によって

チャラにできるリフォームって・・・

素敵でしょう?

意外と、こういった考えで便器を取り替えよう。

そう思ってる人、多いんですよ。

これが、建築業界の・・・

世はまさに大節水時代ってわけ。

今日も応援のクリックを~~!!


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP