保津川&腹下り事件

■ 仕事をしていく中で、文章力を磨くのはとても重要。

そして、ブログって文章と画像だけで読み手に伝えるので

素晴らしく文章力がUPするツールだと思うんです。

読んでいて感心する内容や、思わず引き込まれる文章。

そんなブログを目指して僕も頑張ってるわけですが、

何よりも読み手に難題な感情になってもらうのは、何だと思います?

それは・・・

大爆笑ね。

微笑やちょっと笑った位のレベルは、多分僕のブログでは日常茶飯事のはず。

でしょ? (=^・^=)

でもね、爆笑って中々難しいの。

廻りを気にせず吹いてしまうような爆笑にそれを超える大爆笑。

これは、僕も毎日更新し1400を超える記事を書いてきたけど

至難の書き技ですよ。

もう、本業を忘れる位に笑いのテクを磨く必要があるし

ネタも最適な出来事が必要なので、そう頻繁には書けない。

しかーし!

時には大爆笑を誘い、笑いこそ全て也。

と言うブログを書くことは、実に大阪人冥利に尽きる。

 

 

こんなんどうでしょ?

 

 

2014.9 026 - コピー (2)

僕、寝てるわけぢゃないんですよ。

僕が何故、このようにうなだれてるのか。

お話しましょう。その事情を。

 

■ 去年の夏頃、京都府亀岡市から嵐山まで船で下っていく

保津川下りに行ってきたんです。

Image77

と、こんな感じで約16キロを2時間程度かけて嵐山に行くわけですが、

春夏秋冬とても良い景色に囲まれて最高なんですよね。

IMG_6684

IMG_6687

IMG_6699

保津川下り、しばし日常を離れ、その身を流れにまかせてみませんか。

何てHPに謳ってました。

で、僕も家族で乗船してたんですが、始めはめっちゃ良かったんですよ。

どれくらいかなー

たぶん、半分位来たとこかなー

お腹痛なってきてねー( *´艸`)

も、なんちゅうんですか?

ちょっとやばい感じありますやん?

ゴロゴロゴロゴロゴロゴロ

みたいな?

電車なら行先の駅ぢゃないのに

急いで下りてトイレに駆け込む感じのやつね。

車なら約束の時間があっても

途中のコンビニあたりでトイレ借りなあかんやつね。

でも、

今、僕、小さい船の上やん?

先に書いたように2時間程度の船旅で半分位やから

あと小1時間は船の上やん?

でね、初回のゴロゴロ我慢しますやん?

その後若干落ち着いてくるんですよね。

あ、もう大丈夫か俺、みたいな?

でも10分位しかもたへんねんなー

ほんでだんだんと、ゴロゴロ時間帯が長引き

大丈夫感が短くなってくるんですよ。

もーね。

まず一個思ったのが、

船が岩場に近づいた瞬間に!

 

岩に飛ぶ!

 

若干低めの岩に

 

思いっきり!!

 

飛ぶ?

あかん・あかん・あかん。(-“-)

 

飛んでからは、外やけど緊急事態やし

もうどうとでもなりそうな気もする。

幸い大自然で人気も無いしね。

ま・紙も無いけど。

でもね、

まず飛んだ時点で数十人乗船してる人から注目の的やん?

嫁と娘を船に残して飛ぶダンナ。

えっ?

何?

何?

あの人、誰から逃げたん?

江戸から続く保津川下りでも初やと思う。

あかん、あかん、これは絶対やったらあかんやつや。

と思ったので、船頭さんに事情を話して止めてもらお。

緊急事態やしな。

でもね、行けども行けども・・・

IMG_6691

IMG_6695

川 Only

もうほんまに最悪の場合は、川から岩場に下ろしてもらっても

やっぱり外やん?

ほんで、全然知らん人に待ってもらって僕が岩場の影で用を済ませて

再び乗船。

 

なるほどね・・・

ちょっと想像してみよ。

 

 

すんませーーーん。

大変お待たせしましたー

 

(๑´ڡ`๑)てへぺろ

 

上野太一 

一生の恥。

 

おそらく今船に一緒に乗ってる人たちは、

屈指の観光地京都だし各地方から来られてる人も多いやろ。

そんな見ず知らずの人たちの

孫の代まで語り継がれることになるぞ。

あかんな。

生んでくれた親にも申し訳ないわ。

それやったらまだ嫁と娘を残して岩場に飛び移った方がマシや。

後はテキトーに嫁が、すみませーん。ちょっと情緒不安定で。

とか言うてくれるやろ。

そんなことをド真剣に考えてる時に、嫁が僕の異変に気付いた。

あんた大丈夫か。と心配はしてくれたが、

そこはやっぱりこのゴロゴロ感は本人ぢゃないと分からない。

とにかくタオルを貸してくれたんですが、

今度はタオルを噛むような仕草で何とか踏ん張ってたが、

もう何度修羅場が来たのか分からない頃、

こうも考えた。

このタオルをズボンの中に押し込んで、

最悪の場合はタオルの厚みで外への流出を食い止めるか・・・

タオル位の厚みがあればカバー可?

いやいやいや、待てよ。

ニオイはどうもこうも防がれへん。

見たところ赤ちゃんも乗ってへんし、

異臭騒ぎ間違いなし。

IMG_6703

船頭さんも常にしゃべりながら

川下りの歴史を語ってくれるんですが、

も・どうでもええ。

そんなことよりも僕の腹下りを何とかしてほしい。

 

こっちは川下り中に

腹下り中やねん!( `ー´)ノ

 

いやいやいや・・・

そんなうまいこと言うてる場合ちゃう(/・ω・)/

夏だったので、皆汗をかいていたが、

僕だけ脂汗ね。

これはもうほんまにあかんぞレベルに達した時・・!

IMG_6722

嵐山が見えてきたーーーーー!

岩場の多い川を下り、嵐山周辺になったら

川が広がり終着地点が見えるんですよね。

 

よしよしよしよしよーーーーし。

ええぞ、あとは急いで船から降りてトイレを探すのみ。

1分1秒無駄にでけへん。

と、心の中で安堵感とやる気をみなぎらせている時。

何故か今まで必死のパッチで漕いでくれていた船頭さんが

川の流れに任せるごとく、漕ぐのをやめたの。

 

おい。何してんねん!

 

も、嵐山見えてるやん。

 

早、漕げ。

 

いち早く。

仕事して。

と、生きてきて40年の内、

№5以内に入る位、心の中でブチ切れてたら・・・・

 

 

ポンポンポンポンポンーーーー

2014.9 024

と、嫌な予感がする船が近づいてきた。

 

 

 

 

IMG_6721

ビールにジュース。

みたらし団子はいかがですかーーーー

わらびもちに焼き栗もあるよーーー

 

 

 

ヽ(´~`;。。。

 

 

∑( ̄皿 ̄;; 

 

あンガァーーー!!!

 

 

2時間も船上にいたらノドも渇く。

分かる。分かる。分かるよ。

 

でもね・・・・

もうこっちは・・・

破裂寸前やねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ

 

こっちの腹事情をもし知っててその売店業務を行ってたら

あなたたち捕まる位に悪い事してるんやで。

た・い・ほ・し・ち・ゃ・う・ぞ。(*´▽`*)

と、思ったけど僕の腹事情など嫁と娘しか知らんしな・・

 

大丈夫や、気を確かに持ってすぐ先に見える終着点まで

全神経を集中させよ。

とにかく売店で物を買う人が一人でも少なければ、

若干でも早く着いてくれるので、

売店のおっちゃんとおばちゃんには悪いけど繁盛してほしくない。

何なら用を済ませてから僕が大量購入するから。

全種類買っても良い。

要らんけどね。

頼む。

これ以上皆さん購入は控えましょう。

そう心の中で最大級に祈ってた。

ら。

 

 

 

すみませーーん。

みたらし団子ひとつーーー

 

 

<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>

 

 

<( ̄口 ̄||)>!!!オーノー!!!<(|| ̄口 ̄)>

 

 

 

 

オーーーー

 

ノーーーーー

2014.9 026
*あまりにドUPだったので加工済。

そ、注文したのは

結婚13年目の僕の嫁ね。

仲良く娘と分け分けして食べてた。

 

13年間思ったことは無いけど、この時初めて

殺意がわいたね。

 

しかも・・・・

僕のこの苦しんでる様が映るようにご丁寧に写真まで・・

2014.9 026 - コピー (2)

しかも写真の背後には、皆さんお馴染みの・・

元気ハツラツ!オロナミンC~

 

ヾ( ̄皿 ̄メ)

 

言うてる場合かっ!

 

ま、今となっては爆笑のネタになるかどうかの

瞬間写真を撮ってくれたので、大阪人の嫁としては正解?

みたいな?

 

以上。

保津川&腹下り事件でしたー( ̄Д ̄)ノ

 

 

どない!?

(=^・^=)

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

9 Responses to “保津川&腹下り事件”

  1. たなきゅー より:

    夫のブログの苦労を知って、心鬼にして素晴らしい写真を撮ってくれた奥様に感謝。上野さんの腹具合を思い、まさに断腸の思いで作り笑顔を浮かべたであろう奥様・・・まさに内助の功、妻の鏡。みたらし団子もきっと涙の味がしたに違いありません(T_T)

    • 上野太一 上野太一 より:

      確かに、泣いてましたね…

      笑いすぎて。
      ( ̄Д ̄)ノ

      ( ^ω^ )カッカッカッカッカ

  2. 藤本 記子 より:

    すみません…爆笑(≧∇≦)

    • 上野太一 上野太一 より:

      ( ^ω^ )藤本さん〜
      謝るとこちゃいますよー
      最高の賛辞ありがとうございますー( ^ω^ )

  3. oceanblue930 より:

    ここのとこドタバタしてて、久々ブログ見たら爆笑ブログやった~ヽ(*´∀`)ノ

    そんな状態で岩に跳んだら、跳んだ瞬間に腹圧かかってミサイル発射してたんちゃいますか(笑)
    さらに上野さんが打ちひしがれてる写真、ちょうど顔のとこに「ハツラツ」て文字がかぶってる!大爆笑~まったくハツラツしてないし!!
    あーおもしろかった

    で、最終的に間に合ったの??←ココ気になります。

    • 上野太一 上野太一 より:

      ( ^ω^ )カッカッカッカッカ
      確かに、ハツラツちゃうっちゅうねん。( ̄Д ̄)ノ
      間に合うも間に合わへんも…
      もし、間に合わへんかったら史上最大級のオチやったのにねー
      ( ^ω^ )まだまだやな。僕も。
      ( ^ω^ )カッカッカッカッカ

  4. yucchi より:

    笑った〜(^o^)/
    ぶらっどぴっどが苦しんでいる様が素晴らしいです。
    奥様なんてご主人思いなんでしょうか。

    放送コードギリギリな感じですね(°_°)

    • 上野太一 上野太一 より:

      ぶらっどぴっども台無しや。( *´艸`)
      放送コードギリギリはやっぱり笑いを誘うよね。
      yucchi姉やんもよーーーく覚えとくように。(=^・^=)
      放送コードギリギリネタ、楽しみにしてまーす。
      (=^・^=)カッカッカッカっカ

PAGE TOP