真空ガラスと複層ガラスの違い

■ 今年の冬、サッシの結露で嫌な思いをされた方。

手ぇ~あげぇ~てぇ~ ( `ー´)ノ

 

 

うーん。8615人か~

ぢゃ需要高しなので、こんなブログを。

Image20

Image21

そ・スパッとね。

今付いてる窓ガラスを取り替えるだけで

色んな利点が生まれるわけですが、

一昔前はガラス交換と言えば、複層ガラス(ペアガラス)が

主流でした。

が、昨今はペアガラスよりも効果が高いガラスの

Image7

というガラスが良いと言われています。

このクリアフィットは、

Image23

こんな感じの真空ガラスという構造なんですが、

そもそも・・・

真空ガラスと複層ガラスの違い

を何かと問われれば、こういうこと。

Image11-1

いままでの複層ガラスは、厚さが12ミリ以上もあったので

専用のサッシやアタッチメントが必須だったんです。

でも、クリアフィットは厚さが6.2ミリなので、

今付いてるサッシにそのまま取り替えることができるってこと。

さらに、真空層にすることで生まれるメリットが、

Image9

Image10

こういうことね。

さらに、このクリアフィットの上をいくガラスがスペーシアっていう品。

ただスペーシアは効果は高いがコストも高いので、

こちらのクリアフィットが昨今人気なんですね。

そして今なら省エネ住宅ポイントももらえますので、

Image5-4

来年の冬は寒さや結露で嫌な思いをしないために

ガラス交換工事は、今がお勧めってわけね。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP