主張せず室内装飾や壁を上手に照らす照明器具

■ 今日は超寒かったですね~

昨年から数度打ち合わせを重ねてきた

京都市内に竣工する新築マンションの内覧会に立ち会ってきました。

京都は吹雪いてましたよ・・・

今回の新築マンションでは、計2件のお家をリフォームします。

簡単な間仕切りからダイニングの別注家具。

洋室に防音室を設けるなど、

工事は何かと大変な新築マンションリフォームですが、

面白いリフォームになりそうで、楽しみでーす。

 

■ ぢゃ本題に。

新築には付き物と言っていい、照明器具。

今紹介したマンションでは照明器具を扱うわけではありませんが、

照明器具も数えきれない位に多種多様ですよね。

例えばこんな器具で、

c636

わたしのこと見て~( `ー´)ノ

という照明も素敵だし好きですが、

主張せず室内装飾や壁を上手に照らす照明器具

も中々恰好良いと思うんですよね。

例えば、こちらなどは照明器具本体が見えない、

間接照明の灯りだけでお部屋を良い感じで灯らせてる。

3040215_1

3040908_1

3041010_1

また、メイン照明をダウンライトのみに頼り

同じく間接照明をポイントで付けることによって

部屋全体の灯りをうまく演出してるよね。↓

3040216_1

3040220_1

3040220_sub01_01

3041009_1

3041003_1

灯りは個人差があって、うす暗いイメージを好む人と

カンカンに明るい空間を好む方がおられますが、

あくまでも主張しない照明器具、

ダウンライト間接照明の組み合わせも中々良いでしょ?

 

例えば、こういった照明のとり方もあるんですよ。↓

3041007_1

これね、こんな場所に間接照明を取り付けてるんです。

3041007_sample_01

カーテンBOX内にLED間接照明を設置して

カーテン面を全体的に照らし、空間の明るさ感を高めてる。

何とも優しい光が灯るでしょ?

建築で壁を造作し内部に間接照明を入れる。

すれば、普通の照明を付けるよりも

格段とイメージが上がると思うんですよね。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

2 Responses to “主張せず室内装飾や壁を上手に照らす照明器具”

  1. あけねぇ より:

    えーっと。今日はラブレターありがとうございました。あ~こんだけポイントもらえたんかーって、少し落ち込みました。。うっそー。かっかっかっか(“⌒∇⌒”)´
    電灯って、奥深いですよね。家もすっかりお洒落な照明にしていただきありがとうございました(^_-)☆
    しかも、電気代そんなに変わらないです。あんだけ、あちこちつけても!(^w^)v

    • 上野太一 上野太一 より:

      すみませーん。営業ラブレターで。(=^・^=)
      滅多にダイレクトメールは送らないんですが、今回はお得感満載なので特別ね。
      確かにあけ姉やん家も10万ポイント位いけたかもね・・・”(-“”-)”

PAGE TOP