リフォームしようと思った時③

2013年08月23日

カテゴリー: リフォーム検討中のあなたへお役立ち

■ ラフプランが決まり、依頼先も決まった。

次に進むのが、

詳細内容を決める。

あ・意味不明の人は2日前から見てね。

このシリーズで仮定したのが、キッチン取り換えを含むLDKリフォームと

お風呂、予算があれば洗面とトイレも行いたい。

という内容。

設備機器の選定で絶対に行ってほしくないことは、

カタログだけで判断しないことです。

安い買い物ではありませんよね。

二年に一回リフォームしませんよね。

なので、キッチンやお風呂は、実際にメーカーショールームに出向き

質感や使い心地を確認することを強くお勧めします。

依頼先(業者)が提案してきたメーカーを見るのも良しですが、

提案してきたメーカー以外でもお気に入りが見つかれば、

そこのメーカーで見積もりを依頼すればいいです。

例えば、TOTOキッチンは扱えるけど

Panasonicは扱いがありません。

という業者は0に近い数字であり得ないんです。

どこの会社でも国内メーカーであれば、必ず扱えます。

得意。不得意は除いてね。

○○ガスだって、キッチンのコンロ機器に

IHを採用するときだってあるんだから。(=^・^=)

リフォームとは幸せを生み出すもの!

モアイの間に居るのは僕です。

A;本当

B;嘘

C;どうでもええ

答えは、BとC。

失礼。”(-“”-)”

 

好きな機器で好きなグレード。

選びたい放題なんですよ~

という方は、十数年の僕のリフォーム業務の中でも

そうはおられません。

予算ありきが当たり前。

その中で、初回に綴ったブログで、

ラフプランを決めるというのが響いてきます。

今の嫌なところを解消すること。

例えばその中に、キッチンのガスコンロの清掃性が嫌で仕方ないと

しましょう。

すれば、機能性よりも清掃性が選ぶ基準になってきますよね。

そうなれば、ガスよりIHの方に魅力を感じるかもしれません。

そして、自身の持つ優先順位をベースに

まずは好きに決めてみることです。

この時は、ぜひ豪快に行きましょう。

お金を気にせずに。

良いねぇ (=^・^=)

そして後日、ショールームで決めた機器での工事見積もりを受理する。

この時に、ぜひ後悔しましょう。

良いねぇ ”(-“”-)”

 

冗談のようで冗談ぢゃないこの話。

何が冗談ではないかと言えば、

いいぢゃないですか?

自身の理想の機器でのリフォームが予算オーバーしたって。

そこで選択肢ができたってことだからね。

全体のリフォームで300.万の予算を検討していた。

キッチンを含めてLDKだけで、280万になりました。

でも、このキッチンを採用したい。

このリビングに住みたい。

そう思えば、他に予定していた内容を次回にまわすことだってありですよね。

もちろんこれを決めるのはあなた次第。

妥協できる点は妥協して、幅広くリフォームする。

これもありですよね。

 

と、こんな感じで一つのリフォーム詳細を決定するには、

工事お見積りも一回目で終わることは、まずあり得ません。

僕の会社での平均を見れば、3~5回位の見積もりを数えます。

もちろんそれ以上、8回・9回・10回と発行する場合もあります。

優先順位を明確に、リフォームで不を解消し希望の予算内に収める。

この想いは絶対に曲げてはいけないと思います。

今の状況は、あなたの想いに共感し

あなたの側に立ってくれる業者を探したんですから。

で、明日は④として契約に関して綴ってみます。

また明日~

今日も応援のクリックを~~!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP