大工の心得

2015年01月24日

カテゴリー: リフォーム工事中現場ご紹介, 協力業者ご紹介

■ 家を建てる・全面リフォームする

って、一般的に見て数百万というイメージよりかは

数千万という金額が思い浮かびますよね。

それもそのはず、お家を建てることは究極の物づくりであり

実に様々な業者が関わることになるんです。

解体屋・基礎屋・土木屋・大工・建材屋・材木屋・金物屋・

足場屋・鉄筋屋・屋根屋・板金屋・左官屋・タイル屋・

塗装屋・建具屋・畳屋・設備屋・電気屋・水道屋・ガス屋・

防虫屋・サイディング屋・クロス屋・美装屋・外構屋

と、ざっと言っても25業種。

すごい数でしょ?(=^・^=)

その中でも新築リフォームに関わらず、

やっぱり重要なのが大工さん。

職人さんの花形と言っても良いかもね。

IMG_8298

IMG_8299

IMG_8300

今日、現在リフォーム真っ只中の大阪市T様邸に

少し行ってきたんですが、大工さんが3名体制で進行中。

リフォームは特にそうだと思うんですが、

大工さんの良し悪しで納まりは大きく変わってくるんです。

何故なら、先に書いた業者ありますよね?

その中の実に8業者程が、大工さんが造る下地によって

仕上げの美しさが変わってくるんですよ。

昔からある大工の心得にこんな言葉があります。

● 仕事が曲がらないこと。

● 留めを合わせること。

● かんなでよく削ること。

● やたらに磨き立ててごまかさないこと。

● 後で歪まないこと。

てね。

更にリフォームでは、新築には無いであろう、

曲がったものをまっすぐにする技術や

再利用するものと新しいものを組み合わせる技術が

必要になってきます。

新築は出来ますが、リフォームはあまり得意ではない。

そんな大工さんもいるからね。

ありがたくも僕の会社で仕事をしてくれる大工さんは

皆リフォームにとても達者です。

究極の物づくりである建築業。

その中でも重責を担う大工職が働く様をじっと見て

そんなことを思いましたー( ̄Д ̄)ノ

土曜日ですね、良い日曜日を!

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP