押入れをクローゼットにリフォーム 枚方市

■ 祝日ですねー

僕は元気に仕事です。

あなたは休み?

( `ー´)ノ ほっとけ。

( *´艸`) 確かに。

ぢゃ本題に。

収納は住まう人によってその形は様々ですが、

最近は、いわゆる押入れタイプの人気が低いよね。

*一般的な押入れタイプ。中段に棚板があり、上部は天袋収納
IMG_7188

このタイプは、

中段の棚板にフトンや座布団を置いてね。

というのをイメージされているんですが、

そもそもベッド派やし。( `ー´)ノ

という人にはとても使い勝手が悪い。

なので、洋服を掛けて下部にはカラーボックスなどを配置さす

このような形が昨今は人気なわけですが、

4

3

ちなみにこの写真は上のAFTER写真です。

押入れをクローゼットにリフォーム

とても需要の高いリフォームの一つです。

そして、上の写真をご覧いただくとお分かりですが、

両サイドの柱は残してますよね。

ということは、この工事は押入れ部分の

単体プチリフォームでも可能なんです。

ちなみに、工事代金は押入れの幅により異なりますが

ざっくり12万~17万位かな。

このようにクローゼット収納内部は、先に述べたように

洋服下部には、個人で購入したカラーボックスなどを置いて

活用するパターンが非常に多いんですが、用途要望に応じて

僕たちが提案できるケースには、こういった感じもある。

Image2

Image3

Image3-1

Image3-2

Image4

と、住まう人に合わせて色んなパターンが可能。

収納を考える時に最も大事なのは、

今ある物を一から十まで把握し、場所を定めることですが、

簡単そうに見えて難しいんですよ。

Image6

と、言われてるくらいだからねー

良い言葉でしょ?

収納は才色兼備のインテリア。

(=^・^=)

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP