『外壁材』

十数年この業界(リフォーム)に携われば、色んな建材を扱います。

キッチンやお風呂など各水廻りはもちろん、壁材や屋根材に至るまで。

今日は僕が過去行ったリフォームで、「これ、良いなぁ~」と思ったものを

紹介しますね。

 

今日は外壁に関して。

こちらの当社施工例、木造住宅モルタル塗装仕上げの外壁↓

上野太一の『リフォームとは幸せを生み出すもの!』

施工前はこんな感じでした。↓

上野太一の『リフォームとは幸せを生み出すもの!』

当時で築30年を超えていました。劇的に生まれ変わった事例でしたね。

外壁に多いのが、モルタル系とサイディング系。

 

僕が好きなのは・・・

やはりモルタル系ですね。

全てが塗装ではなく、アクセント又は正面だけでも良いのでデザインとして

タイルなどが貼られているイメージが好きですね。

 

例えば、こういう石材などをアクセントに用いれば、

一面塗装の少し味気ない外壁がまた違った感じを

だしてくれますね。↓
上野太一の『リフォームとは幸せを生み出すもの!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ね?格好いいでしょ ↓

上野太一の『リフォームとは幸せを生み出すもの!』

 

サイディングは遠目で見れば分からないですが、

近めで見ればやはり本物の雰囲気には及ばないような・・?

感じがします。

当社施工例、サイディング張替。写真や遠目で見れば

本当のタイルのような雰囲気↓

上野太一の『リフォームとは幸せを生み出すもの!』

 

デザインは好みの問題が重要視されますので、

あくまでも個人意見ですが

サイディングの最大の利点はメンテナンスと思います。

ジョイント部分のシール(コーキング)さえ気にかけてあげれば、

モルタル(セメントのこと)のように経年劣化でクラック(ひび割れ)

などが生じる心配はありません。

また雨による汚れが目立ちにくいのもありますね。

デザインが理想に合えば、メンテナンスが比較的フリーな

サイディングの方が良いかもしれませんね。

例えばこのように、(当社施工例)

モルタル系では出しにくい雰囲気を出してくれるのもサイディングの良さ↓

 

上野太一の『リフォームとは幸せを生み出すもの!』

 

そして外壁仕上げの中に潜む断熱材。

これは結構重要です。

この断熱の良し悪しで、家屋内に居る時の快適性が変わると言っても

過言ではないですね。

木造住宅などで多く見られる断熱材はこちらのグラスウール↓

上野太一の『リフォームとは幸せを生み出すもの!』

 

このグラスウールでどれだけの暑さを解消できるのか、

数値で表しても正直ピンとこない?

これが現状。

だって、効果が目に見えて分からない個所ですからね。

ランクを上げれば単価も上がりますので、断熱に関しては多くの建築会社が

このグラスウールを用いるのではないでしょうか。

ではランクを上げ、僕が良いなぁ~って思う建築資材は

やっぱりこちらの↓

上野太一の『リフォームとは幸せを生み出すもの!』

ウレタンボードですね。

厚みや通気性がグラスウールとは比べ物にならないほど優れています。

この断熱を家全体に施したお客様は、

京都の左京区で冬などは結構な寒さになるのですが

施工する前と比べて全然違うという感想を聞いています。

ただ・・・グラスウールと比べれば高い、高い。。。

おそらく戸建て一軒全て施したとすれば、100万近く増額すると思います。

しかも、かさばる、かさばる・・・

30坪戸建て、壁天井床全てウレタンボードで、4トントラック3台来ましたからね。。

 

上野太一の『リフォームとは幸せを生み出すもの!』

う~ん、懐かしい。

当時、この部材どこに置いとくねん・・・とびっくりしたものです。

次回の 『僕が良いなぁ~って思う建築資材は?』 屋根、やりますね。

 


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP