留守宅リフォームに関して 工事中留守にしたいのですけど良いですか?

2013年07月02日

カテゴリー: リフォーム検討中のあなたへお役立ち

■ 21時40分・・・

ようやく、一息つきました・・・

ので!

ブログに手を付けます。

今日はお客さんに非常に問われるご質問の

工事中留守にしたいのですけど良いですか?

について記事にしたいと思います。

共働きのご家庭によくあるお話ですね。

今僕が受け持つリフォーム中のお客さんも日中は留守にされてます。

そんな時は、鍵をお預かりして少しでもその場を離れる時は

施錠をするわけですが、大きな問題は・・・・・

お察しの通り、モノが無くなること。

単純に日中お家の人がいない場合は、

僕たちが泥棒にだってなれるってわけ。

なので、この問題は100%信頼を得て初めて実現するわけですが、

もし本当に捕られて困る物があれば、信用しているとかしていないとか

そんなことは抜きにして、貸金庫あたりに保管した方が良いと思います。

だって、僕たちが仕事を終えて帰った後に、

まだお客さんが帰ってきていない場合、その間に泥棒にあえば・・・・

何だか、嫌な雰囲気になりますよね。

だから僕は必ず貴重品は置かないでくださいとお願いします。

 

リフォームとは幸せを生み出すもの!

いくら信用で任されても防犯の責任は負えないってことなんです。

数か月前ね、本当にあった怖い話。

3日間で終わるリフォームを実施しました。

初めてのご依頼のお客さんでした。

日中留守をするので、僕又は大工さんに鍵を預けるので

一日が終われば施錠して鍵を持っておいてほしい。

と、言われて二日目。

夕方遅めにお客さんから連絡がありました。

内容はね・・・

『 ちょっと来てほしい。大事な物がなくなった。 』

『 警察も呼んでいます 』

かなり嫌でした・・・(T_T)

現地に行けば、無い・無い・無いと大切な物を探すお客さん。

警察登場。

この時点でね、完全に僕の会社は容疑者ね。

何だか簡単な取り調べなんか受けちゃって。

ようは、お客さんは僕の会社の大工さんが、大切な物をとって行った。

そう思ったわけ。

 

するわけがない。

200%の信頼を置いている僕の会社の協力業者だもの。

結構な勢いでお客さんと警察に話ました。

2~3時間の話合いを終えて、その場を離れることになり会社に帰社。

帰宅直前に、そのお客さんからメールが入りました。

『 無くなったモノは全て出てきました。すみません。 』

僕・が・何・を・言・わ・ん・と・し・た・い・か・分・か・り・ま・す・よ・ね・

 

ま、こういうこともあるから

絶対的に信用を置いている業者さんにでも

お家の中に貴重品を置かない。

お留守でもリフォームを進行されたい方は、

この考えを持たれた方が良いと思います。

今日も応援のクリックを~~!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP