お客さんが選んだ色柄を覆すこと

■ この時期になると納戸からリビングへ飾られる

我家のXmasツリー

IMG_7735

そして、娘(小2)が

( `ー´)ノ 待ってましたと、

ツリー前にプレゼントで欲しい物を書き記し置く。(=^・^=)

IMG_7737

サンタさんへ

○○は、かかとらへんが

光るくつがほしいです。

サンタさんおねがい。

みずいろのくつ。

毎年、色の指定まであり

かなり具体的。( `ー´)ノ

サンタ悩まず。( ̄Д ̄)ノ

サンタネット検索。( ̄Д ̄)ノ

 

■ ぢゃ本題に。

子供が欲する物は十人十色ですが、

お家のインテリアの好き嫌いも十人十色。

センスの良し悪しなど人が決めるものではなく

自分が好きだと思う物をチョイスすればいいですよね。

そして、僕たちリフォーム業者はお客さんの好みを聞き取ったり

実際にショールームに行って好きなテイストなどを聞き

完成をイメージします。

例えば、本日打ち合わせに行ってきた来年実施予定のリフォーム。

re8282-s

174_1

↑ 実際にサンゲツショールームに行ってこられて

上のRE8282アクセントクロスをトイレ背面にアクセント貼りして

上のFE9400黄色のクロスを3方に貼る。

テイストは、北欧ナチュラルのイメージね。

この空間に床はどんな柄を用いるべきか。

おそらくサンゲツショールームのアドバイザーに

テッパンでチョイスされたのがこちら。

IMG_7746

モザイクタイルを貼った風に映るクッションフロア。

このクッションフロア、確かに人気が高いし貼ればとても綺麗です。

ぢゃお気に入りだということで、これでいきましょうね。

これが普通だし何もおかしくない話の進め方ですよね。

でもね、実はこの話にはすごーく大事な裏があるんですよ。

それは何かと言えば、

お客さんが選んだ色柄を覆すこと

( `ー´)ノ 誰が性格悪いやねん。

(=^・^=) 違いますよ。意味合いが。

気に入ってるからそれでええやん。

で、終わってしまえば、

僕たちリフォーム業者の応用スキルが上がらないってことです。

例えばこういうことね。

IMG_7744

IMG_7745

↑ 最近、昔流行したような色柄が人気なので

思い切ってモロカンタイル風クッションフロアで

柄&柄にしても面白いんぢゃね?

とか・・・

IMG_7747

↑ ちょっとオリエンタルな雰囲気も出るパターンもどう?

とか・・・

IMG_7748

↑ 北欧ナチュラルの定番、

ウッドにエイジングペイントを施した感のクッションフロア。

スウェーデン人もびっくりしまっせー

とか・・・(=^・^=)

IMG_7749

kenzaidonya_cm2216

↑ 木が持つ自然な表情をリアルに再現した

古木風のクッションフロアとか。

色々チョイスしていくと、

僕たちはとても勉強になるということです。

ただ単に、お客さんがそれで良いと言ってるんだから

この品番でいきますねー

と、流れ作業のごとく業務を行っていれば、

色んな好みに合わせた提案力が身に付かないよね。

ま、最終的に初めに決めた色柄で実行される確率は高いんですよ。

だから意見を覆す気持ちでこういうことをするんぢゃなく、

色んなパターンをイメージするプロセスを楽しむってわけね。

プロセス無くして応用スキルは上がらない。

プロセス楽しまずで良いリフォームは出来ない。

あれ・・・

今僕、またええこと言うてもうた?

(=^・^=)

ただ、注意は・・・

( ̄Д ̄)ノ気持ち固まってんのに悩ますなー

ということにもなる。(=^・^=)

だから僕は、ブログを見ていただいていると

今日のお客さんも言ってたので、

記事兼提案にしとこ。(=^・^=)

Hさん、Gさん、

もし上のクッションフロアが気に入ったなら・・・

 

水色でかかとらへんが

光る靴を送ってねー

( `ー´)ノなんでやねん。

 

品番かUpした順番を教えてくださいねー(=^・^=)

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP