車椅子での入室ルートの確保

2014年11月22日

カテゴリー: リフォームBEFORE/AFTER

■ 住居をリフォームする理由に

『不』を感じるから実行に移す方が多い。

不とは、不便・不満・不安。

意匠性を向上さすリフォームだって、

今の空間に不満があるからですよね。

だから、リフォームは不を解消するもの。

でもあるわけね。

そしてもう一つ、全く考えてもいなかったのに

予定外で工事が必要になった。

と言う場合もある。

例えば、雨漏りや自然災害による被害への修繕とかね。

先日完工したこちらの外構改修工事もその一つでした。

<BEFORE>
__ 5

*お庭に見える鳥居はきちんとお客さんにてお祓い済

<AFTER>
IMG_7270

<BEFORE>
DSCN0032

<AFTER>
IMG_7272

<BEFORE>
DSCN0024

<AFTER>
IMG_7274

と、こんな感じでリフォームしたんですが、

こちらのスペース、車庫というよりかは・・・

車椅子での入室ルートの確保

の為にリフォームしたんです。

↓ 奥に見える勝手口、こちらに上がる段差は約90㎝

IMG_7273

とても人が常時上り下りできる高さではありませんね。

このポーチ前に車椅子用の電動昇降を置いて

勝手口から入室していくという計画。

介護を目的としたリフォームってわけね。

願わくば、このようなリフォームは

お家の方もしたくないのが本音でしょう。

でも、必要となった場合は、

いかにストレスフリーで介護者も要介護者も

生活することが出来るのか。

生活動線が改善されて、

室内空間も好きな建材に囲まれるリフォームも大事だし楽しいけど、

こういったリフォームも

僕たち業者は真剣に考えるべき内容の一つなんですよ。

 

土曜日ですね、良い連休をー( ̄Д ̄)ノ

当社も日祝と連休しますー

応援のクリックをお願いします!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP