イタリアタイル メンヒル

2014年11月15日

カテゴリー: リフォームBEFORE/AFTER

■ このように多少凹凸のある下地にタイルを貼っていく。

__ 4

この貼り方、専門用語で『ダンゴ貼り』って言います。

呼んで字のごとく、モルタル(セメント)をダンゴみたく

盛り付けて凹凸をまっすぐにしながら貼っていくから。

__ 5

逆に、凹凸の無いまっすぐな下地状態から

タイルを貼っていく工法は『圧着貼り』って言います。

実際に施工するタイル職人さんは、どっちが簡単かと言えば

圧倒的にまっすぐな下地に貼っていく圧着貼りの方。

ダンゴ貼りは、技術的にも難しく

簡素化してきてる建築事情からも

施工できる職人さんも減っていくことでしょう。

( ̄Д ̄)ノ というわけでー

難しい方のダンゴ貼りで実施していた

吹田市N様邸の玄関アプローチタイル工事が本日完了しましたー

<BEFORE>
IMG_6868

<AFTER>
IMG_7224

縦のタイル目地がビシーっとまっすぐキレイ。(=^・^=)

<BEFORE>
IMG_6866

<AFTER>
IMG_7216

今回採用したタイル材は、

イタリアタイル メンヒル

という名称なんですが、メーカーが定めた名前の由来には、

ヨーロッパの巨大立石(メンヒル)をモチーフにして作られました。

立石の素材である花崗岩の凸凹とした質感を見事に表現しています。

と書かれてます。

ちなみに巨大立石とは、ヨーロッパ先史時代に立てられた、

単一で直立した巨石記念物のことね。

<BEFORE>
IMG_6867

<AFTER>
IMG_7215

良いですねー(=^・^=)

どっかのリゾートホテルみたいでしょ?(=^・^=)

とても素敵な玄関アプローチになりました!

 

さーーー

1つのリフォームを終えましたが、

また来週から新たに始まるリフォームもあります!

明日はお休みをいただき来週からも頑張ろー( ̄Д ̄)ノ

皆さん良い日曜日をー

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

2 Responses to “イタリアタイル メンヒル”

  1. たなきゅー より:

    お写真で見る限り基準糸を張っておられないようですね・・・これから張るところ?? まさか全て感覚仕上げの神業?!! す・す・すごい!!

    • 上野太一 上野太一 より:

      基準糸!
      ど詳しいですねー( ̄Д ̄)ノ
      ここは目地ライン棒で整えてます!
      ど専門用語ですねー( ̄Д ̄)ノ
      ( ^ω^ )カッカッカッカッカ

PAGE TOP