キッチンリフォーム 枚方市

■ キッチン・キッチン・キッチン・キッチン

と。

最近、毎日見積を作っているような気がする・・・

それ位、最近需要が多いシステムキッチンのリフォーム。

キッチンをリフォームする時には、

① 今のサイズを維持して機器だけを取り替えるバージョン。

② 今のキッチンの形を若干変更し取り替えるバージョン。

③ 今のキッチン位置から移動し、その形も変えてしまうリフォーム。

と、大きくこの3パターンがあります。

①の場合は、位置などは考える必要がなく、ご提案メーカーの選定や

機器ランク、オプションなどを選び、ご予算に合えば実行。

って感じになります。

 

<機器のみ取り替えバージョン>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

AFTER ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

②の場合も同じく、そんなにも悩ましいことはない。

<形を若干変えての取り替え>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

壁付けI型からL型に ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

そして、問題は③

今のキッチン位置から移動し、その形も変えてしまうリフォーム。

これは、限られた台所室、時にはダイニングスペースも視野に入れて

リフォームすることによって、家事動線を向上させることが

大きな目標・目的になってきます。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

扉奥にはキッチンが ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

AFTERはこちら ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

と、こういう感じでまるで違った空間にすることが、

今のキッチン位置から移動し、その形も変えてしまうリフォーム。

このパターンを考える時に、僕はとても大事にしていることがあります。

それは、キッチンでの動線。

キッチンは使い勝向上、動線をレイアウトするために

ワークトライアングルと言われるものがあります。

これは何かと言えば・・・

シンクの中心・調理機器の中心・冷蔵庫の中心を頂点とする

三角形を考えます。

この三角形がワークトライアングル・作業の三角形になってきて

各辺の適当なサイズはこんな感じ ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

単位は㎜なので、例えばシンクの中心から冷蔵庫の中心までは

120㎝から180㎝ってことです。

I型のトライアングル ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

I型は動線として一本の線上を行き来することになります。

その一本の道は、いわゆるキッチンの間口は2m70㎝が理想と

言われています。

L型のトライアングル ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

三角形が微妙ですが出来てきますよね。

だから、I型よりL型の方がワークトライアングルが出来ているので

動線は良いってこと。

そして、一番動線がスムーズなのがこちら ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

コノ字型・又はU型とも言う。

この形、僕は一番理想だと思います。

冷蔵庫の横には、キッチンと一体化した家電スペース&食器棚。

いつもこの形にできないかとまずは考えます。

そしてね、この形に近づけたご提案が出来た時は、

お客さんにも結構喜んでもらえるような気がします。

大金を費やすキッチンリフォームです。

せっかくなら、機器が新しくなることはもちろんだけど、

スムーズにストレスフリーでキッチンに立ちたいですよね。

これをド真剣に考えれば、一日なんてあっという間。

だから僕ってやること山積みなのかもね。

でも、この動線を考えに考えた提案は・・・・

リフォームで幸せを生み出す大切な作業ってわけね。

今日も!応援の!クリックを~
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP