リフォームか新築か

2013年05月21日

カテゴリー: リフォーム検討中のあなたへお役立ち

■ 大規模なリフォームのご相談時、

高い確率で聞かれることがあります。

それは、

『 リフォームか新築か 』

『 どっちが良いと思いますか 』

てね。

そんな時、こう答えます。

『 どっちでも良いと思います 』

てね。

投げやりで言ってるわけぢゃないよ。(=^・^=)

 

新築は新築の良い所。

リフォームはリフォームの

良い所があるってこと。

 

■ リフォームではなく、新築や建て替えの方が良い場合は・・・

 3階建てにしたい。

 地盤も悪く、建て替えた方が安くなりそう。

 間取りも大幅に変更したいのだが、

 構造上リフォームでは無理がある。

などが挙げられます。

もちろん、新築の方が基礎や地盤、構造物、内外装と全てキレイに

なるんだから同じような金額をリフォームで費やす時は

悩んで当然ですよね。

僕でも悩みます。

リフォームか新築か。

一方、リフォームの方が良い場合で最も多くの意見があるんです。

それは・・・

 

建築基準法が変わっていて希望の坪数で新築できない。

ってこと。

簡単に言えば、現在の建築基準法に従えば

新築すれば今の住まいの坪数より小さく建てなきゃいけない。

小さくなるのは絶対に嫌なので、今の坪数で全面リフォームします。

というわけ。

地盤・基礎・構造物を残しての全面リフォーム ↓ 解体後

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

画像は過去僕の会社で行った全面リフォームです。

ここまで行えば、内外装はもちろん新築?

と誰が見ても間違えるほどになります。

リフォームか新築か。

悩んでいても始まりませんよね。

コストや間取り、両方でまずは見積を取ることです。

新築の場合は、数か月間の仮住まい費用も含めて計算し

リフォームの場合は、リフォームでどこまでの希望間取りが

安全な工法で可能なのか。

ここだけの話、

リフォームで新築より高値になるときもあるんですよ。

だからまずは両方で見積プランを取ることをお勧めします。

今日も!応援の!クリックを!お願いします!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP