中古購入+リフォーム 大阪

■ 現在国は国策として、新築住宅の供給から

ストックのある中古住宅の活用へと舵を切っています。

平成22年の新成長戦略では、10年後までに中古住宅流通市場

リフォーム市場の倍増を目指すと明示した。

その後、「中古住宅・リフォームトータルプラン検討会」や

「不動産流通市場活性化フォーラム」といった検討会で、

具体的に何をすべきかについての検討を重ねてきました。

結果、中古住宅の流通促進策・リフォーム促進策を

次々と打ち出しています。

こ難しい語りやな・・・( *´艸`)

中古住宅めっちゃ余っちゃってるから

新築よりも皆リフォームして住もうやー

そないしてくれるんやったら何かと優遇するしー( ̄Д ̄)ノ

ま・僕なりに言えば、

最近の建築不動産はこんな感じです。(=^・^=)

と、言うわけで先日より工事に着手していた

中古購入+リフォーム

豊中市のN様邸が本日完成しましたので、紹介しますね。

今回のリフォームは、将来賃貸で出すかもしれないので

コストも重視したリフォームになりました。

<BEFORE>
IMG_6170

<AFTER>
IMG_7125

<BEFORE>
__ 4

<AFTER>
IMG_7123

<BEFORE>
__ 3

<AFTER>
IMG_7118

<BEFORE>
IMG_6163

<AFTER>*便座はNさんご使用中を再利用のため未設置
IMG_7116

<BEFORE>
IMG_6166

<AFTER>
IMG_7115

<BEFORE>
IMG_6159

<AFTER>
IMG_7114

<BEFORE>
IMG_6158

<AFTER>
IMG_7109

<BEFORE>
__ 5

<AFTER>
IMG_7110

というリフォームでした。

上の写真でお分かりの通り、

今までとは異なる場所にキッチンを配置しています。

二階の洋室6帖×2間を12帖LDKに。

ちなみに、昔は1階の約8帖のスペースがキッチンでした。

IMG_6165

生活スタイルに合わせて中古住宅をリフォームする。

今後益々増加すると思うんですが、

その最大の利点って何だと思います?

僕が思うに・・・

3つあると思うんです。

① 低価格

同じような坪数や条件の新築住宅に比べて

かなり安くなるってことね。

もちろんリフォームも仕様によっては、

新築レベルまで価格が上がることもあるけど、

ある程度の予算を定めて実施できるのもリフォームの利点ですね。

 

② 場所にこだわる物件探しが出来る。

中古住宅は常時、結構広いエリアで売り出し中の物件が

新築に比べると多いですよね。

例えば、子供さんの学校で人気エリアを限定し探せたり

仕事で通勤に適してる場所だったり。

ようは、新築に比べて予算内で便利な場所で

暮らせることができるってわけね。

 

③ 実物を見てから選ぶことができる。

これはプロの目を借りないと難しい面もあるかもしれませんが、

例えば、こことここを直せばすぐにでも住める。

とか、外壁はまだキレイなので工事の必要がない。

って感じで、自身が住まうために必要最低限な予算繰りが可能。

また大きな利点として、実際に家が建ってるわけだから

日当たりや空間の広がりなど、

これから建築する新築物件で例えれば、

分かりにくい点が感覚で掴めるってわけね。

 

大きな財産になる不動産。

ある意味、縁のものとも言われますが、

皆さん色んな角度から検討し購入に至る。

僕たち建築リフォーム業者は、

一つの不動産を購入するのか取りやめるのか。

その決断、判断を委ねられる時だってある。

中古住宅+リフォームが主流になってくる今、

益々、お客さんの側に立った提案が大事になってくる。

そう思ってまーす。

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP