和室を洋室にリフォーム枚方市 簡易洋間化工法

■ 最近の新築って和室がない家も多いと聞きますが、

あっても柱を見せていない、専門用語で大壁という和室が多い。

昔の和室や本格的な和室って必ず柱が見えていますよね。

<ウィキぺディアより拝借>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

そして、リフォームでは

和室を洋室にリフォームされたい人が

結構多いんです。

僕の会社では、人気№・・・・・

数えたことねぇ( *´艸`)

ま、結構多いってことね。

本来和室を洋室にするには、このように・・・・

<BEFORE>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

柱を隠すために、胴縁と呼ばれる木材を柱に貼り付けて

ボードを一面に貼り付けて、クロスで仕上げ。

という手順を行います。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

<AFTER>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ね、全く柱が見えてないでしょ。

この工法の難点は、柱に胴縁を打ち付けてボードを貼りますので、

お部屋の空間が若干狭くなります。

狭くなるって言っても胴縁+ボードで3㎝~4㎝程度だけどね。

未だかつてこの数センチで部屋が狭くなった。

という意見は聞いたことがありませんってレベル。

ここまでの改修工事を施せば、やっぱりそれなりに工事代金もかかってきます。

ちなみに僕の会社では、この完全洋間化リフォームで

¥500.000~¥700.000位のお見積りになります。

20万の差額は、フローリングの質やクローゼットの大きさ、入口ドアをどうするか。

これらで若干変わってきます。

その高い・安いは人の価値観ですが、

コストを抑えて洋間にリフォームする工法もあるんです。

それは、柱を隠蔽せずに見せた状態で仕上げる工法です。

グダグダ言うより写真ね

<BEFORE>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<AFTER>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<BEFORE>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<AFTER>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

と、

全然いいぢゃん、これで。

何て言っていただける人も多いです。

ちなみにこの事例は、柱を塗装して一手間加えています。

工事代金は、¥300.000~¥400.000位。

この工法を簡易洋間化工法

と呼んでます。(勝手に僕。)

 

逆にこっちの収まりの方がいい場合もあるんですよ。

例えば、こんな感じで少しアジアンテイストに仕上げたい時とか。

<BEFORE>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

<AFTER>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

こちらなどは、柱は全くの手つかず。

何か味あるでしょ?

和室を洋室にリフォームされたい方は多い。

ご予算に合わせた工法、好みに合わせた工法

色々あるってことね。

そして、それら全てを受け止めて適材適所なご提案をするのが、

僕のwork

(外国人風に。( *´艸`))

今日も応援のクリックをお願いします!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP