感動を与えるリフォームは感動してもらうプレゼンから始まる

■ ケツメイシの仲間という歌が大好きです。

その中に特に好きなこういう歌詞がある。

♪ 結果より気持ちだろオレらに必要なのは ♪

てね。

何だか世の中結果が全てみたいな風潮になってますが、

僕は全くもって思わない。

なので、僕の会社は

売上目標もなければ受注件数も目標に掲げてない。

確かに目標に掲げて達成するべく一所懸命に努力することは

素晴らしいことだと思いますし、

結果が伴ってこその仕事だとも思います。

でもね、それよりも大事なことがある。

それが、この歌詞の通り。

結果より気持ちだろオレらに必要なのは。

結果ばかりを追い求めず、結果がどうであれクライアントを想い

幸せを生み出すリフォームを提案する。

全身全霊の気持ちを込めて提案したプレゼンであれば、

結果が悪く転んだって、長い目で見れば本人の為になり会社の為になる。

最後は会社の財産になると思う。

そういう意味ね。

良い歌ですよ、ケツメイシ『仲間』

検索してYouTubeで聞いてみてね。(=^・^=)

 

■ ぢゃ本題に。

先日、僕のブログを去年の夏頃からご覧いただいていると

大阪市内のお客さんから問い合わせを受けました。

リフォームの内容は、木造住宅の全面改装。

金額も1000万オーバーです。

が、諸事情があり購入は現時点未定になっています。

ま、簡単に言えば購入するか取りやめるか、

不明な物件への見積プレゼンというわけ。

 

<お渡ししたプレゼン資料の数々>
*図面は未承諾なのでモザイクで。

Image3

Image1

Image2 (2)

Image1333

資料が本日届いたお客さんから

ありがたくもメールを頂戴しました。

素人目にも大変分かりやすくて感動した。

てね。(=^・^=)

嬉しいですよねー

感動を与えるリフォームは

感動してもらうプレゼンから始まる

と思うんですよね。

購入に至るか不明な物件でしたが、当社の魂がこもってますからね。

そして、ご縁なく未購入になったとしても何も思わない。

だって、

結果より気持ちだろオレらに必要なのは。

だから。(=^・^=)

必死のパッチで結果に結び付けようとしても

人には縁というものがあるからね。

大事なのは、常に良縁を引き寄せる人間になることですよね。

 

こちらのお客さんと僕(僕の会社)は、

はたしてご縁あるかー( ̄Д ̄)ノ

こうご期待くださいー( ̄Д ̄)ノ

(=^・^=)

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: , , , ,

Comments are closed.

PAGE TOP