■ ブログを運営し約1年と11か月。

引っ越しを機に、毎日更新します!

と、取り返しのつかないことを明言しちゃったの( *´艸`)

しかし!

こうも毎日、

非常に役に立つブログ

を運営していれば、

色んなことがあります。(=^・^=)

昨日は、千葉県からブログに載ってたタイル資材って

どこで購入できるんですか?

とか、

全国津々浦々より問い合わせをいただきます。

ま・これは本望ですよ。

別に僕の会社でリフォームせずとも、リフォームに関して興味がある人の

微塵でも役に立てばいい。

そういう気持ちで運営しているからね。

 

■ という訳で、今日の朝、僕のブログにコメントを頂戴しました。

送り主は、岡山の住人さんという方。

初めてのコメントですね、ありがとうございます!

ちょっと紹介しますね。

いつも楽しみに拝見しています。

浴室リフォームたのみたかったなあです。

岡山なので無理ですね。

いま、洗い場の排水の悪さに困っています。

施工費は一切値切りませんでした。

相見積もりとりませんでした。

条件はきちんとした仕事をしてほしいでした。

それの対価はきちんと払いますからでしたが、

入浴して分かりました。

かかり湯をしたら排水のふたが持ち上がり洗い場に水が

たまります。

流れきるのに時間がかかります。

いままで二回見てもらいましたが、満足がいくものではありません。

できたらやり直したい・・・・

 

後文は省略します、昨日の記事に載ってますけどね。

まずは、いつも楽しみにしていただき感謝です。

岡山ぐらい言ってくれれば行ったのに・・・

娘も連れて旅行がてら ( *´艸`)

嫁は留守番 ( *´艸`)

 

失礼・・・

キレイになった浴室で排水の不具合、心中お察しします。

おそらく入浴の度にストレスが溜まることでしょう。

僕は全く現地を拝見していませんし、写真も見ていません。

一戸建てなのか、マンションなのか、どこのメーカーのユニットバス

なのか、どこでリフォームされたのか。

全て不明の段階ですが、

せっかく頂戴したコメントに、ぜひ一日も早い解消を願って!

今日はこちらの岡山の住人さんに宛てた

浴室排水不具合に関してのコメント返しを綴りたいと思いますね。

 

■ まず在来工法(タイル張り)の浴室から

ユニットバス(システムバスとも言う)へリフォームしたと

推測します。

在来なので、一戸建て住宅と仮定します。

一戸建て住宅で在来工法浴室からユニットバスへリフォームした途端、

洗い場排水の流れが急激に悪くなる。

実はこの問題は、意外と多い。

でもそんなには無い。

どっちやねん ( ̄Д ̄)ノ

 

考えられる原因は4つあります。

① 雑排水管の詰まり・又は逆勾配

② ユニットバス設置の際、排水管接続の工事不備

③ ダブルトラップ

④ 僕に依頼しなかったから

④は大阪んジョークね。( *´艸`)

 

まず①ですが、一戸建て住宅であれば雑排水の洗浄を

メンテナンスの一貫として数年に一度と行っていない人が大半です。

マンションなどは、1年・2年に一度は必ず行っています。

それだけ排水の詰まりは意外に怖いってこと。

だからもし、①の雑排水の詰まりであれば、

経年で蓄積した汚れが排水管内部にあって、真面な排水の邪魔をして

浴室洗い場の排水フタをも持ち上げる位に流れない。

でもこの問題は、高圧洗浄を実施すれば解消します。

<高圧洗浄工事中>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

このように、僕の拳大サイズの油カスや髪の毛などが詰まっている場合もある。

ちなみに岡山の住人さんのお家がマンションであった場合、

数年に一度高圧洗浄を実施している、管理組合手配の洗浄業者の

工事不備かもしれない。

そんな時は、管理組合経由で解消してもらえばいいと思います。

 

そして、

②のユニットバス設置の際、排水管接続の工事不備。

この可能性は極めて低いです。

ユニットバスは国内では、TOTO・LIXIL・Panasonic その他いっぱい。

と発売されていますが、大半のリフォーム会社は各メーカーにて

研修を受けきった、いわゆるユニットバス組立のプロが実施します。

人間が行うことだから、そりゃ多少の不備はあるかもしれない。

でも、施行者も排水の不備がどこまでクライアントに迷惑がかかるのか。

十二分に頭に入ってると思うから。

そこはきっちりと行っているはず。

いや、しておいてほしい。

と願います。

もし、工事不備であればメーカーの保証書を基に施行会社ではなく

メーカーのメンテナンスに依頼した方がいいと思います。

もちろん、請け負った会社と共に一丸となって解決を図っていただきたい。

 

そして、

③ ダブルトラップ

って何?

と思われる人も多いでしょう。

実はね、

本件はこちらの可能性が極めて高い。

いや・・・・ちょっと待って。

僕、何も見てないくせにようここまで書いてきたな・・・

と、今思った ( *´艸`)

コナンぢゃあるまいし・・・( *´艸`)

ま・気にせず行こう。人生一度きりだし。( *´艸`)

 

まずトラップってなんやねん、という質問に。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ユニットバスの排水口は、メーカーによって若干異なりますが

こんな感じになってます。

実はこの画像はキッチンの排水だけど、似たようなもの。

臭気とありますが、簡単に言えば臭い物にはフタをしろ。

ってこと。

このトラップが無ければ、下水の悪臭が漂ったりしますので

それをトラップに溜まった水で防いでいます。

おそらく、岡山の住人さんの新しいユニットバスにも付いています。

ぢゃダブルトラップってなんやねん。

っていうのはね、ユニットバスにもトラップが付いていて

屋外の排水にもう一つ排水トラップがあることを言います。

トラップ・トラップでダブルトラップってことね。

では何故、浴室排水にトラップがあり、屋外排水にもトラップがあれば

このような事態を引き起こすのか。

LIXIL(旧INAX)が、こんなHPを公開していました。

たまにはやるやん、LIXIL

リフォームとは幸せを生み出すもの!

引用しますね。

『排水口がゴボゴボ音がして排水がしにくい』

二重トラップ(ダブルトラップ)現象の可能性があります。

二重トラップ現象は浴室洗い場の排水口トラップとは別に

もう一つ浴室外にトラップがあるため、2つのトラップ間に

たまった空気が抵抗となり排水不良を引き起こす現象です。

浴室外、屋外のトラップはこういう感じで付いています。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

右の大き目のフタはメイン排水。

左の約7㎝5㎜の小さいフタが、トラップになってます。

だからね、

空気の逃げがどうとか、ダブルトラップがどうとか

細かい話は抜きにして、もし岡山の住人さんのお家にこちらの

トラップが浴室のすぐ外に付いていれば、小さい方のフタを外せばいい。

外すことによって、もちろん空気は逃げます。

外した状態で、思いっきり浴室の排水を流してみる。

それで、何も問題なく今までと考えられない位にスムーズに流れれば、

原因は100%ダブルトラップってこと。

 

さ。今すぐ、外に出て排水口を探してみて

あ・フタはカッチカチになってるから、

こんな感じでマイナスドライバーで開けてね。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ダブルトラップ問題、結構僕の現場でもありました。

今の新築住居には、このトラップは付いていないんです。

だって、浴室・キッチンなどの設備機器に上記で説明したように

必ず付いてるからね。

付ける必要がなくなったってわけ。

でも、昔のお家で特に下水の切り替え工事をされたお家には、

結構付いてます。

それは、役所の下水道検査が付けないと通らないから。

何もしらないまま、在来(タイル張り)からユニットバスへリフォームする。

今までのお風呂にはトラップなんてついてないから、

屋外排水とのダブルトラップになってしまう。

そして、空気の逃げがなくなった排水が戻ってきて、

浴室の洗い場での不具合が発生するってわけね。

 

でも、小さい方の排水フタを開けた状態で過ごすわけにはいかない。

異臭がするからね。

そういう時には、このエア抜きキャップっていうフタに変えてあげる。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

空気も逃げて、臭いも上がらないという商品。

1000円ちょっとで売ってると思います。

なんなら僕の会社から送ってあげてもいいです。

岡山の住人さん、

早期に解消するといいですね。

せっかく綺麗になったお風呂ですからね。

何のストレスもなく入浴したいですよね。

だって、リフォームとは幸せを生み出すもの!

ですから。

応援しています!

もし、僕が今日書いた記事と原因が全く異なることであれば、

もっと細かいことを教えていただければ、お力になりますよ。

その時は、mailくださいね。

t.ueno@daiken-rs.jp

ぢゃ、

きびだんごお待ちしています。 ( *´艸`)

 

大阪府枚方市を中心に幸せを生み出すリフォームを展開中

ダイケンリフォームサービス

お問い合わせはこちら!

contact_banner

 

素敵に生まれ変わった施工事例はこちら!

cover_in03

 

実際に幸せを生み出せたお客様の声はこちら!

cover_in04

今日も応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP