リフォーム工事内容変更合意書

■ 昔、人生の先輩・経営の先輩に言われたことがある。

『 上野くん、お金はお金を生んでくれるよ 』

と。

別に指針にしているわけでも何でもないが、

さっきYahooのトップページを見た時に思った。

ほんまや・・・

てね。

 

お札って№が記載されていますよね?

リフォームとは幸せを生み出すもの!

この5千円は僕の財布に入っていたお札。

BT630557Xって書いてます。

なんとね・・・・

リフォームとは幸せを生み出すもの!

の例えば、

333333とかの5千円札が・・・・

Yahooオークションで、¥10.730

で売れる寸前・・・・

入札件数10件・・・・・・

 

すごくない?

 

 

僕、急いで

財布の中の

お札全部

見たもん

 

 

 

 

あ・あなたも

早く早く

財布の中の

お札を見てみて

 

 

 

 

 

 

本当に見たでしょ? ( *´艸`)

 

■ ぢゃ本題は、もちろん全く何も関係のない話ね。

住宅リフォームは進めていく中で、追加工事や取りやめ工事などが

生じる場合があります。

例えば、追加工事でよく聞くのがこんな話。

(僕の会社のことぢゃないよ)

リフォーム進行中に現場で作業中の大工さんに、

ちょっとついでにここに棚二段ほど付けといてほしいんですが・・・

快諾する大工職。

請け負った会社へ報告。

最終の請求書できっちり請求された

ユーザーからすれば、ついでやん

リフォーム会社からすれば、棚代かかってまんねん

とまあ、こんな話ね。

この類を、

良いですよ全然。

もちろんサービスでやっときますよ。

何ていう心地いいリフォーム会社でされれば何も問題はないんですが、

(あ・ここで言う心地いい会社は、僕の会社のことね )

中々そうはいかないし、ユーザー側も明らかに追加で依頼したと

認識できることってありますよね。

そういう時には、必ず書面にすることをお勧めします。

その書面を工事内容変更合意書って言います。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

どのような増減が発生し、リフォーム総予算がどのように変わったのか

これらを書面にし署名捺印で締結する。

長丁場のリフォームになれば、ユーザー側も途中で仕様を変更したり

全く予定になかったことを行う時もあります。

増えれば頭がこんがらがります

そんな時には都度発行していけば、お支払額も明確に分かるので

この工事内容変更合意書はとても重宝するってわけ。

何も言わずに最終の請求で金額を知らされるのと、

道中小さいことでも、書面に残し分かりやすくする。

この違いは大きいと僕は思うんですよね。

お金はキレイに支払ってもらいたいし、

僕もキレイにご集金したい。

集金した中に、

 

 

ぞろ目があれば

尚嬉し。

(=^・^=)

 

おちたァ

財布の中を見た人は押してね。
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP