楽しくなければ仕事ぢゃない。

2013年03月26日

カテゴリー: たくさんのお客様に支えられています!

■ 仕事をしていれば、嫌なときやしんどい時もある。

でも嬉しいこともあれば、楽しい時もある。

基本!

楽しくなければ仕事ぢゃない。

と思ってます。

この前、引き渡しを終えたお客さんより

洗濯パンから水漏れしたので

ちょっと見に来てほしいと連絡がありました。

マンション住宅なんですが、

どうも雑排水の流れが良くなかったので、一度管理組合へ相談される

ことをお話しました。

マンションは年に一度、二年に一度位のペースで雑排水の高圧洗浄を

実施されます。

ここまで流れが悪いのであれば、何かの不具合が考えられるからね。

高圧洗浄の工事不備なら無償で対応してくれるはずです。

何てことをお話してから数日後の今日。

僕の会社のアンケート用紙にこんなお便りが。
リフォームとは幸せを生み出すもの!

先日の水漏れの時はすぐに対応していただいてありがとうございました。

すごく不安だったので助かりました。あれから管理組合が連絡して

くださった業者の方が来られ、高圧洗浄していただいたところ

洗面所の排水の所がつまっていたのと、洗濯機とフロの排水口の

部品が反対になっていたそうです。

その後は気持ちよく流れるようになりました。

今日は孫たち(7名)が家に来て、前の土手でつくし取りをしました。

皆初めてのことで感動していました。

生活が落ち着くまでもう少しかかりそうですが・・・

今後共頼りにしていますので、何かありましたら宜しくお願いします。

 

というお便り。

あ・ちなみに洗面やお風呂は僕の会社で行ったリフォームぢゃないよ。

このお便りには、僕の中で非常に嬉しいことが3つ書かれています。

 

一つは、

すごく不安だったので助かったというご意見。

排水管の詰まりなんて、

一般の方はもう何が何か意味不明レベルですよね。

きっと不安に感じているだろうと思い、電話から即日参上したんですよね。

だから嬉しい

 

二つ目は、

孫たち(7名)が来て前の土手でつくし取りをしたこと。

7名って大変やな・・・・

これは直接僕は嬉しくない。(はっきり言って)

でもね、僕がリフォームしてキレイになったお家で

お孫さんと遊ぶ、外に遊びに行き、綺麗になった我が家に帰ってくる。

リフォームで幸せを生み出す!

というのは僕はこういうことだと思うんですよね。

だから嬉しい

 

三つ目は、

今後共頼りにしていますので、何かあれば宜しく。

というお言葉。

プロとして、頼りにされるというのは、何者にも替えれない。

これは、僕が生まれてきた意味をも感じさせてくれる言葉です。

他界した僕の両親に聞かせてあげたいですね。

 

あ・二人とも元気に生きてるわ。

ヾ(~∇~;)

 

失礼、両親。

 

と、このように仕事って嬉しいし楽しいことも多い。

いや。

嬉しいし、楽しいと思えるようになることが

仕事かもしれませんね。

 

深くない?

(関東弁で)

ぢゃ、今日も応援のクリックをお願いします!


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP