複雑なデザインでも表現できる3DCGパース

2013年03月07日

カテゴリー: 3DCGパースのご紹介

■ 公益財団法人 住宅リフォーム・紛争処理支援センター

が、発行している 『住宅リフォーム事業者倫理憲章』

たるものがあります。

これね、良いこと書いてるんですよ。

ちょっと紹介しますね。

<当社の接客ブースに飾ってます>
リフォームとは幸せを生み出すもの!

1、依頼者の期待に応え、住み心地や資産価値が

  最大となるよう努める。

 

2、依頼主が適切な選択と判断ができるよう、

  常に正確な情報の提供に努める。

 

3、見積もりや契約等についての誤解が生じないよう正確で

  分かりやすい書面により、適正な業務遂行に努める。

 

4、依頼主にとってよき相談者となり、クレーム等に対して

  誠実な対応に努める。

 

5、関係法令を厳守し、さらに高い品性とモラルの保持に努める。

 

6、住まいの質の向上を目指し、専門知識の修得と技術・技能の

  研鑽に努める。

 

7、依頼主の理解と協力を得て、健康で安全な生活環境の実現と

  資源の有効利用等による地球環境保全への寄与に努める。

 

素晴らしいでしょ?

でも一つ足らないよね。

だから、当社では一個足してます。

8、依頼者がリフォームで大きな幸せを生み出せるように努める。

紛争処理支援センターさん、

足してぇ~( *´艸`)

 

ぢゃ、本題の前に・・・

9、ブログ運営者(上野)が喜ぶように、

  毎日クリックするように努める 

↓   ↓   ↓

 

■ 当社では、リフォーム後のイメージをより分かりやすく

掴んでいただけるように、完成後のイメージをパースで制作し

お渡しすることがあります。

これはどんなプレゼン資料よりも分かり易くて、とっても評判

という訳で、今日は最近作成したパースの事例をご紹介しますね。

BEFOREのイメージは、古びたブロック塀に囲まれて

芝生でちょっぴり手つかずだった10帖位のスペースを

イメージしてみてください。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

このパース、中々良い感じで出来たと思ってます。

何が?

いや、どこが?

って思ったでしょう?

土間に仕上げたタイル材、上画像ではちょっと分かりにくいですよね。

実は、こういう柄入りタイルを用いているんです。

<画像アップ>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

そしてこのタイルね、もちろん実際にあるんですよ。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

一枚が60㎝×60㎝と非常に大きいタイル材。

貼っていけば、ラインが全て繋がっていきます。

実際に僕の会社で実施し、土間ではありませんが壁面に貼った事例があります。

こんな感じ~

リフォームとは幸せを生み出すもの!

素敵でしょう?

こんな複雑なデザインでも表現できるのが、

3DCGパースです 

上で押していない人は押してね。
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP