リフォームのプロだからね 

2013年03月04日

カテゴリー: 経営に関して思うこと

■ これはすごいことだと思います。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

マンチェスターに籍をおくこともすごいけど、

このように結果を残すのは、ほんとにすごいと思いますね。

真司も大きくなったもんやで。

(とか、自分が育てた風に言うおぢさんよくいるよね。)

あ・僕昔サッカーやってたんですよね。

僕に、あと少し走る速さがあり、

僕に、あと少し蹴る力があり、

僕に、あと少しジャンプ力があり、

僕に、あと少しテクニックがあり、

僕に、あと少しスタミナがあり、

僕に、あと少し体格があり、

僕に、あと少しセンスがあれば、

プロになってました ( *´艸`)

総じて言えば、何もなかったってことね ( *´艸`)

そんな僕、今日は何位か?ぜひ!覗いてみてね。

↓   ↓   ↓   ↓

 

■ ぢゃ、本題に

プロの選手はどのようなスポーツでもすごいと思う。

技術がすごいというのは、もちろんのことなんですけど、

僕がすごいと思うのは、こういうこと。

勝ちにこだわって、毎試合一所懸命にプレーしますよね。

そして、その姿は会場まで見にきたサポーターを魅了させる。

そして、多くのプロスポーツ選手は、こう考えていると思うんです。

自分にとっては年間行う内の1試合。

でも、会場に足を運び応援してくれる人は、

滅多に直接観戦することができない。

もしかしたら、一生涯でその試合しか観戦しないかもしれない。

そう思えば、全力のプレーを見てもらおう。

てね。

 

だから、プロの試合は見ていて

人に感動を与えるって思うんです。

僕はサッカーが好きで試合があれば、よくテレビで見ています。

時間と場所が合えば、スタジアムにも行きたい位に好きです。

一つの試合を見ていていつも思うんです。

人に感動を与える職業って素晴らしいってね。

でも、僕の仕事も一緒だと思うんです。

年収は全く違うけどね ( *´艸`)

住宅のリフォームだって、こういう考え方ができます。

僕にとっては、年間何十件と行うリフォーム。

でも、依頼する人は、滅多に経験することぢゃない。

もしかしたら、生涯で一度しか経験しないかもしれない。

そう思えば、感動を与えるようなリフォームにしよう。

しんどくて心折れそうになった時、

いつもこう考えるようにしています。

だって僕は、サッカーのプロぢゃないけど、

リフォームのプロだからね

上で押していない人は押してね。
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

2 Responses to “リフォームのプロだからね ”

  1. 安部ミサ より:

    SECRET: 0
    PASS:
    そうお客様にとっては、
    一生に一回かもしれないですよね。
    人生の1/3を過ごすかもしれない空間を心地よくする責任を感じます。
    先日の中古分譲マンションのカラープランニングもそんな気持ちでクロス、建具他色決めしました。

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >安部ミサさん
    コメント、ありがとうございます。
    安部さんのブログからも『想い』はひしひし伝わってますよ。
    だからお客さんからもありがたいお言葉を頂戴できるんですよね。
    いつも、ありがとうございます!

PAGE TOP