タンクレストイレの利点

■ 出来てきた・出来てきた

実は現在、僕の会社HP、トップページ完全リニューアル中なんです。

よくお客さんにも聞かれます。

『 会社のHPは上野さんが造っているの? 』

と。

まさか~(=^・^=)

僕にはそんなスキルはありませんよ。

でも、制作は専門会社に依頼しているんですが、

レイアウト・文字・字体・雰囲気・バナーなどなど

全てのイメージは僕がラフ案を作成しています。

今度のHPは過去最っ高の出来にします!

年初から打ち合わせを初めて、ようやく形が見えてきました

トップページの一部分 ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

もちろん僕は随所に登場します

本番アップロードが完了すれば、

このブログでもお知らせしますので、また見てくださいね。

ぢゃ本題の前に・・・

ぜひ!今日の僕は何位なのか、覗いてみてね~

↓   ↓   ↓

 

■ 最近、トイレ・便器の取り替え工事の見積依頼を多々頂戴します。

お客さんに相談事として、稀に聞かれることがある。

それは、

『 流行のタンクレスと通常の便器、どっちがお勧めですか・・? 』

てね。

お勧めは断然、タンクレスです。

といつも答えます。

タンクレストイレの最大の利点は、

トイレ室内空間を広くとれる。

例えば、1m35㎝×80㎝のトイレ室内だとします。

背面にタンクがある便器を奥の壁から設置すれば、

便器の先端までで、約77㎝(TOTO;ピュアレストあたり)

1m35㎝-77㎝で58㎝ですね。

タンクレスだと、便器の先端までが67㎝になります。

(TOTO;ネオレストDタイプ)

1m35㎝-67㎝で68㎝ですね。

この空間での10㎝の違いは、僕は大きいと思うんです。

1m60㎝のいわゆる1帖サイズのトイレだと、

そんなに気にしなくてもいいかな・・・

リフォームとは幸せを生み出すもの!

利点②は、手が洗いやすい。

タンクレスにすることで、トイレ室内に手洗い器を別で設置することを仮定。

便器の背面にある手洗い器に比べれば、断然洗いやすい。

洗いやすい≒周辺に水が飛び散らないってことです。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 利点③は、意匠性に優れている。

簡単に言えば、恰好良いってことね。

もちろん、タンク式のトイレでも昨今は非常に良い商品が

出ています。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

でも、タンクレスで手洗い器別のレストルームにはかなわない。

この3つが、かの有名な・・・

タンクレストイレの利点3大ポイント。

(勝手に僕( *´艸`) )

節水は、タンクレスでもタンク付きでも

どちらの便器も大4.8ℓになってます。

ちなみに昔の便器は大13ℓで流れます。

TOTOは

節水便器に替えることによって、年間約¥14.100お得になると

謳ってますね。

でもいくらタンクレスが良いと言っても、

手洗い器を別で付けたら、結局トイレ室って狭くなるんぢゃね?

と、お客さんから懸念される質問をいただくこともある。

ご安心あれ。

今の手洗い器は非常にコンパクト

壁から出てくる寸法は、17㎝なんていう商品もあるんです。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

17㎝がどこまで室内を狭くするのか。

例えば、トイレの出入り口ドアって幅が60㎝~65㎝位のお家が多い。

そして、トイレのドアは左右どちらかに寄ってる場合が多い。

ということは、左右どちらかに20㎝から15㎝程度の袖壁が

ある場合が多いんです。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

その袖壁に収まればね、

どういうことかと言えば・・・

室内ドアよりはみ出してこないので、

出入りに全く支障がないってこと。

だから何のストレスにもならない。

僕も過去、幾度となく提案し、お客さんと共にお家のトイレとほぼ同じの

サイズが展示しているショールームに行っていますが、

すごく高い確率でこうなります。

『 ほんまに・・・? 』

『 うちぐらいのサイズで手洗い器別で付けたら

絶対邪魔なるで・・・』

そしてショールーム。

『 ええやん  』

『 素敵やん  』

『 何にも問題ないやん  』

『 やるやん上野  』

てね

僕は何もやってないけどね(=^・^=)

ええのは分かった。

百歩譲ったろ。

(譲っていただき、ありがとうございます )

しかしや!

タンクレス便器言うたら、高いというイメージが先行する。

と思う人は非常に多い。

これはね・・・・

その通りです。

そうなんですよね、いくら良い・良いって言っても

お金は大事だよね~

差額で言えば、一体どれくらいひらきがあるのか。

その差額を高いと思うか、安いと思うかは十人十色ですよね。

だから、僕はいつもちょっと気になる人には

タンクレスと通常便器の2パターンを提案します。

例えば、TOTO;ピュアレストとアプリコット(ウォシュレット)を

組み合わせて通常の便器で、定価が¥250.000です。(概算ね)

一方、タンクレストイレは同じくTOTOでネオレストDタイプ。

こちらの定価が¥264.000

何や、変わらんやん・・・

とお思いでしょうが、タンクレスはここから手洗い器を付帯させます。

手洗い器が、ざっくり10万円。

*手洗い器は非常に商品が様々、例えば30万超というモノもあり。

その差は定価で約9万円ってわけ。

商品にもよりますが、値引きを入れれば差額は5万円~6万円ですね。

どうですか?

意外と安い?or高い?

でもこれって商品代だけなんですよね。

手洗い器を別で設ける場合には、水道工事や時には壁解体工事

解体後の補修工事も付帯します。

これらを含ませれば・・・・・

最低10万円は高くつくと思っていた方がいいですね。

10万かぁ・・・

きついな・・・・

何とかせんかい上野

という人は、タンクレスの便器を必要最低限にして

手洗い器をカウンタータイプなどの

金額が高値になるものをチョイスせず、より安価な品を持ってくればいい。

こちらなどは、定価で数万円下がります↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

決まられた予算内で、どこまで理想に近づけるか。

建築・リフォームに、とっても大事な捉え方

僕はそれをそっと横からお手伝いするのが、仕事ね~

タンクレストイレ、付けたいって人の参考になっていれば

嬉しいです!

 

タンクレストイレを含む当社のトイレ施工事例はこちら!!

 

上で押していない人は、押していただけるともっと嬉しいです!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: ,

Comments are closed.

PAGE TOP