全面リフォームの金額相場が分からない時に読んでほしい

■ 中古戸建住宅を購入し、自分流にリフォームして住まう。

この考え方を持つ方が昨今非常に増えてきた。

また、購入ではなく長年住んだ我家を全面リフォームしたい。

も同じく。

僕も頻繁に相談を受けるんですが、

多くの方がこのような悩みを抱えてます。

全面リフォームの金額相場が分からない

ということを。

これは確かに超難しいです。

何故なら、リフォームは何も無いところから建造物を建てる新築と違って

今ある建物を活かして行いますよね。

今の建物の状態や全面リフォームの間取り要望。

耐震性や設備のグレードと、まさに十人十色を変えて言えば十家十色。

新築だと請け負う会社が定めた坪×金額が明確で、

その金額での各仕様もまた定まっている。

単純に延床(1階と2階、あれば3階の床面積合計のこと)30坪だとすれば、

30坪×55万円(だいたいです)

はい、1650万円也という数字が出てくるよね。

ぢゃリフォームで延床30坪の建物を全面リフォームした時に、

坪×55万円で出来るのか・出来ないのか。

答えは出来ます。

例えば、当社の過去事例を挙げれば、こちら。

Image1

当時、築30年を超えており延床面積は17坪。

工事代金は700万円で、坪単価は約41万円。

さらにこちら。

<BEFORE>
IMG_1822

<AFTER>
IMG_2791

<BEFORE>
IMG_1784

<AFTER>
IMG_2786

<BEFORE>
IMG_1794

<AFTER>
IMG_2748

と、外構までその姿をまるで変えた全面リフォーム。

延べ床面積28坪で工事代金は、1200万円。

坪単価は、約42万円ですね。

但し、こちらの事例は例えばキッチン、

洗面機器はまだキレイだったので再利用していたり

屋根は葺き替えて年数が経過していなかったので、現状でした。

これらの事例を基に言えば、

全面リフォームの相場は、

新築よりも安価で行うことも可能ですが、

中には再利用機器もあったり、工事不要部位もあったり

ランクにこだわらずにスタンダードな物で

納得できることが前提になってくるってわけね。

あ、勘違いなく言えば、スタンダードな品は、

世の中に一般的に採用されている物ですよ。

一方、

<BEFORE>
1

<AFTER>
10

<BEFORE>
3

<AFTER>
11月完工 深見邸洗面

と、最高級の設備を採用したり、

大幅に間取りを変えたり・・・

<BEFORE>
9

<AFTER>
35

外構も大々的にリフォームしたり・・・

<BEFORE>
12

<AFTER>
44

見えないところにもこだわって、

断熱材のグレードを上げたり、床下に調湿炭を入れたり・・・

27

25

と、こだわった邸宅を造った場合は、

延床面積32坪で工事代金は、2900万円

坪単価は、約90万円ですね。

但しこの事例は、増築工事も含まれています。

14

なので、実質坪単価は85万位でしょう。

 

さらにこちらのリフォームは、

<BEFORE>
1

<AFTER>
2

<BEFORE>
16

<AFTER>
17

<BEFORE>
32

<AFTER>
33

<BEFORE>
56

<AFTER>
57

<BEFORE>
64

<AFTER>
65

<BEFORE>
77

<AFTER>
78

<BEFORE>
80

<AFTER>
81

延床面積が30坪で、工事代金は1850万円。

坪単価は、約61.6万円。

この数字が一番分かりやすい数字かもしれませんね。

木造住宅の建売又は分譲(半注文可能)住宅の坪単価は、

50万円台位が相場。

大手ハウスメーカーさんの最低坪単価が60万円台と言われています。

で、こちらの事例は一般的な建築坪単価よりちょっと高めでしょ?

でもね、写真を見てお分かりの通り、

一般的な建築で用いる仕様ぢゃないんですよ。

設備機器のグレードも高く、自分好みにチョイス。

床は天然木のフローリングを採用し、もちろん床暖房完備。

キッチンの床には、

メーカー最高クラスの光沢溢れるフローリングを採用したりね。

84

おそらく、この仕様で一般的な建築を建てれば、

50万円台では無理だと思うんです。

60万円台でも厳しいかもしれませんね。

平たく言えば、リフォームの方がお得感があるってことです。

 

よくリフォームを題材にしたテレビ番組ってありますよね?

あの手の番組で延床面積と工事代金が紹介される時があります。

その時は迷わずに工事代金を延床面積で電卓で割ってみる。

稀には、坪×100万超なのもありますからね。

逆に、坪×30万円台なのもある。

そういう目線で見れば、結構面白いよ。(=^・^=)

 

<まとめ>

全面リフォームは、新築よりも安価で行える場合も多々あるが、

その際は、設備のグレードなどこだわることは難しい。

一般的に流通されている物と思うべし。

加えて、坪単価を30万円台にすることも可能ですが、

その際は、綺麗な物は上手に再利用すべし。

新築坪単価並に予算を費やせば、一般的な流通品よりも

ワングレード高い好みの品が、

チョイスできる可能があるということ。

予算の目安は最低、坪×40万位を見込んでおけばいいと思います。

後は、自身が好むオプション的な商品で、

どこまで上がってくるか。

それはあなたの要望次第ってわけね。

全面リフォームの金額相場、確かにどこの会社に尋ねても曖昧な回答しか

返ってこないでしょう。

そんな時には、ぜひこのブログを読んでほしいですね。(=^・^=)

 

大阪府枚方市を中心に幸せを生み出すリフォームを展開中

ダイケンリフォームサービス

お問い合わせはこちら!

contact_banner

 

素敵に生まれ変わった施工事例はこちら!

cover_in03

 

実際に幸せを生み出せたお客様の声はこちら!

cover_in04

 

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

2 Responses to “全面リフォームの金額相場が分からない時に読んでほしい”

  1. アルゼンチンタンゴ より:

    ありがとうございます。
    すっごく勉強になりました。
    築50年の実家をどうしようかと常々悩んでいます。

    すっごい為になるお話を読ませて頂いたのに、
    やっぱり悩んでる。

    今はどうしようもないのに・・・・

    • 上野太一 上野太一 より:

      50年ですか~すごい歴史ですね。(=^・^=)

      こちらこそ、いつもありがとうございまーす(=^・^=)

PAGE TOP