断熱工事枚方市 現場発泡タイプ 硬質ウレタンフォーム

■ いよいよ娘(小2)の夏休みも終わり

今日から二学期が始まったようです。(=^・^=)

昨日ね、帰宅してから嫁が言ってたんですが、

夏休みで遊んだ遊具とか学校に持って行くものを

整理しなさいという話になったんだって。

で、しばらく1階と2階に別れていて、

嫁が2階から娘のいる1階におりてきたら・・・( ゚Д゚)

 

 

 

Image1

賢人・安東英子さんの録画を見てたーーー

(=^・^=)

その後、小2女子のスイッチが入ってテキパキお片付けしたとさ。

ちゃんちゃん。( ̄Д ̄)ノ

 

■ ぢゃ本題に。

娘の夏休みが終われば夏も終わりって感じですが、

今年の夏も暑かったですよね。

暑い夏には暑さを軽減させるリフォームが流行りますが、

先日、主に新築住宅で採用されており

リフォームでは実施するのが少し珍しい工事。

現場発泡タイプ硬質ウレタンフォーム

という断熱工事を実施してきました。

現場発泡タイプですよ。

 

これは組長発砲タイプね。( ̄Д ̄)ノ

Image2

 

木造住宅のスレート屋根の最上階部分は、

とにかく暑い・暑い・暑い・・・

おそらくお家がこのタイプの方は、エアコンや通気を行っていない状況で

最上階に上がった時に、

なんなん・・・サウナ? ( ;∀;)

という位のムンムン感を感じたことがあるはずです。

それもそのはず、スレート屋根の多くは材質に遮熱性などなく

下地合板に直接貼り付けていますので、

太陽光を屋根裏に取り込んでいると言っていい。

屋根裏が灼熱になれば、必然と最上階も高温になる。

多くの家庭が断熱材を入れてはいるが、そんなもの入ってへんで。。

と思わせる位に暑い・暑い・暑い。

ちなみにスレートではない瓦屋根などは、

屋根材と合板の間に隙間があり、通風機能を持っているので

若干マシってわけです。

そんな夏の暑さを少しでも軽減するべく先日実施した断熱工事は、

硬質ウレタンフォームを

このように吹き付けていきます。

IMG_6461

IMG_6458

IMG_6464

この資材、硬質ウレタンフォームは例えば冷蔵冷凍庫の裏などにも

採用されており、現在の建築断熱材では最高峰と言っていいです。

吹き付けた瞬間に泡のように資材が膨らんでいきますので、

見ていて結構面白いですよ。(^^)

ちなみに、僕の会社Facebookに動画をUPしていますので、良ければ見てね。

ダイケンリフォームサービスFacebookページを見る!

 

一般的なグラスウールなどの断熱と比べて高値にはなりますが、

最近の新築住宅でも多々採用されるようになってきた。

 

Image3

と、このようにリフォーム評価ナビにもニュースで取り上げられています。

平成19年には5.2%だったシェアが

平成24年には19.5%になってるようです。

 

どれくらいの室温が低下するのかは、各家庭の通気状況や建物構造によっても

異なりますが、マイナス2℃は期待できると言っていいですね。

2℃って結構大きいですよ。30℃の室温が28℃になるんだからね。

ま、予算に応じて採用するしないは、お客さん次第ですが

僕たちリフォーム業者は、色んな工法を知っておくことが重要ってわけね。

困った時にはすぐに出せる引き出しがね。(^^)v

今日も応援のクリックをーーー
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: , ,

Comments are closed.

PAGE TOP