型にはまる必要なんてどこにもないからね。

■ リフォーム(建築)会社がエンドユーザーに提出する資料。

工事御見積書を筆頭にプレゼンとなれば様々な資料が発行されます。

僕の会社も例に漏れずで、一つのリフォーム案件に対して

見積書以外の資料を添付する場合があります。

もちろん内容によりけりですが、

僕がいつも思う大事なことは・・・

見積書という建築専門用語を書き並べた書類のみで

お客さんが内容を簡単に把握できるか。

ってこと。

ポイントは、 

『 簡単に 』

というワードです。

そりゃ大の大人ですから、ちょっと分からなければ調べたり聞いたりすれば

結果は分かるでしょう。

でもそれっとちょっと不親切だよね、って僕は思う。

一瞬で!

この部屋はどんな工事をする。

これが分かった方が断然いいでしょ?

そういう理由で、小規模以上のリフォームでは必ず添付するようにしている

工事内容記載図 ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

あ。

そうや。

今日は久しぶりに、応援のクリックをお願いします!

↓   ↓   ↓

 

本来書式だけの見積書だって、より分かりやすくするために

こんな画像を挿入する場合だってある ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ようは、

見積書!みたいに

型にはまる必要なんてどこにもないからね。

もらった人が分かり易けりゃそれでいいぢゃん。

ってことね

図面にも同じことが言えます。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ま、図面は図面で必要だけど、この平面図も誰が必要としているかと言えば

お客さんより大工さんなどの業者さんだと思うんです。

お客さんは、このように何ミリ単位まで記載した平面図よりも

実際に生活するイメージがほしいんぢゃないでしょうか。

だから平面で提案・プレゼンする時は、このような鳥瞰図が最高

リフォームとは幸せを生み出すもの!

何度も言うようですが、全ての案件には作成していませんので

あしからず。

そして室内空間は、この3DCGパース

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

やっぱりこれが一番かな。

久しぶりに、応援のクリックをお願いします!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags: , ,

Comments are closed.

PAGE TOP