哀しくもリフォーム業者を選ぶ時には慎重を期すことが大切な時代

■ 僕は、建築・リフォーム業に従事して数十年。

その中の経験として、

アポなし電話営業&直接訪問営業は99.99%の割合で

悪徳業者だと思います。

昔悪徳ぼったくり業者だったけど、今や通用しなくなったので

激安リフォーム店に路線を変更している。

こういう会社も結構多い。

少なくなった・減ったとは聞きますが

未だに増加の一途の悪徳リフォーム業者。

先日、こんな記事が載ってました。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

 

保険金が使えるという住宅修理でトラブル多発。

保険金の範囲内で修理修繕を行うので自己負担はゼロ。

を強調して訪問し理由を付けて着工金を奪う。

しかしあれですね、

悪い奴って、次から次へとよく思いつくよね。

こんだけ考える力があるのなら

善良に働いてもお金儲けできそうなのにね。

私も思う。方は押してね。

↓   ↓   ↓

 

■ 先日、僕のお客さんからお電話を頂戴しました。

内容は便器が詰まったので直して。

ということ。

もちろん対応し処理したんですが、こんな話を聞きました。

 

日曜日トイレが詰まった。

日曜日なので、僕の会社は休み。

知っていたので、急きょ水漏れ110番的な会社へ依頼。

詰りを解消する作業をしたらしいが直らない。

便器を交換するべきと言われる。

そこまで考えていないし、お金もかけたくないから断る。

ぢゃ直らなかったけど、今までの作業費数万円頂戴。

嫌。

くれるまで動かない。

お願いやから帰ってぇ”(-“”-)”

 

もうむちゃくちゃですよね。

直っていないのに、料金を請求することも然り

便器を交換しないと詰りが解消しないって・・・

あり得ないですからね。よほどの限り。

案の定僕の会社で対応すれば、30分程度で詰りは解消。

いるんですよ、今も。

しょうもない会社が。

訪問販売は相手にしない。鍵を開けないが基本。

電話も相手にしない、来させない。

保険金などは本来の意味以外、適用しない。

 

哀しくもリフォーム業者を選ぶ時には

慎重を期すことが大切な時代ですね。

 

上で押していない人は押してね。
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

2 Responses to “哀しくもリフォーム業者を選ぶ時には慎重を期すことが大切な時代”

  1. より:

    SECRET: 0
    PASS:
    居てますよね(笑)
    リフォーム業者とは名ばかりのペテン師が(>_<)

  2. SECRET: 0
    PASS:
    >雲さん
    一般ユーザーさんと直接やり取りされていれば、色んな話を聞くことでしょうね。
    中にひどい話もありますもんね・・
    コメント、ありがとうございます!

PAGE TOP