収益物件のリフォームとはオーナーさんの利益に還元できるかどうかが大事

2012年12月18日

カテゴリー: リフォームBEFORE/AFTER, リフォーム会社を選ぶ時

■ 世間は狭い。

とか、

どういう形で繋がるのか分からない。

とか。

ご縁というものは、非常に大切だと常感じます。

このブログランキングから僕のブログを見てくれた人も

何かの縁ですもんね。

↓   ↓   ↓

という訳で、日頃からご縁というモノを意識していれば

日々色んな出会いがありますよね。

先日僕の会社へ初めてご依頼を頂戴した、

収益物件(賃貸マンション)のオーナーさんがおられます。

収益物件を所有するにあたり、僕たちのようなリフォーム・改修業者との

繋がりは必ずお持ちなのですが、リフォーム前の打ち合わせ段階で

こう言われた。

『これも縁だし、あなたのセンスに一度かけてみようかな』

てね。

実施した案件は、ワンルームの内装工事。

内容・請負額共に、大きな案件ではありません。

でもね、収益物件で僕がいつも重きを置くことがある。

それは、

オーナーさんの利益に還元できるかどうか。

利益に還元するっていうのは、単純に安価・安価で提案することだけ

ぢゃないんですよ。

そりゃ安ければ安いほどいい。

こう考えるオーナーさんがほとんどでしょう。

だって収益だからね。

経費を抑えて利を大きくしないと、単なる事前事業になっちゃう。

ぢゃ、安価だけではない利益還元とは。

それは、

空室になっているお部屋をいち早く入居に結び付けること。

僕は賃貸業ぢゃないので、案内で必死のアピールをするわけではなく

僕たちリフォーム業者にできる、入居率UPとは、

お部屋を見に来た入居希望者に、

『 OH、この部屋いいぢゃん 』

って思ってもらえる内装工事をすることなんです。

今までお付き合いのリフォーム業者さんは、

あまりこういったことを考慮してくれなかったみたいですね。

例えばこういうこと。 ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

至って普通のワンルームマンション室内。

壁はクロス、床はカーペット。

この空間を壁クロス張替(白系)・床をクッションフロアに(茶色木目)

にリフォームすれば、こうなります。 ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ま・きれいになったんで良しとします。

位のレベルですよね。

今回、僕が提案・実施したのはこういった内装ぢゃなく・・・

こういうこと。 ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

洋室のメイン壁面にアクセントクロスを貼り付け

床はちょっぴり渋めのクラフトウッドという、

濃茶をベースにアイボリーの木目が入ってます。

ここはコストを考慮し、当然クッションフロアです。

<空間提案のプレゼン資料>

リフォームとは幸せを生み出すもの!

<BEFORE>
リフォームとは幸せを生み出すもの!

<AFTER>
リフォームとは幸せを生み出すもの!

正直、内装仕上げに関しては好き嫌いはあると思います。

このように、バラのアクセントなんて大嫌いなんですけど・・・

という人もいるよね。

分かってる ( *´艸`)

実はこちらのマンションね、総戸数20戸位で現在空き室が3部屋。

何も空いているお部屋全てにこの内装をする必要はない。

言わずともお分かりのように、

残りの2部屋は全く異なったイメージの内装にすればいい。

例えば、一部屋は独身男子をイメージして

壁面のクロスは、コンクリート打ちっぱなし風の

殺伐としたイメージとかね。

一部屋は、木目のクッションフロアではなく

テラコッタ風のクッションフロアにするとかね。

一部屋はごくごく一般的なシンプルタイプとかね。

すればね、どういうことになると思います・・・?

 

賃貸屋さんが案内に入る。

一つの部屋を見せる。

気に入らねぇ 

ぢゃ次のマンションへ移動。

が、本来の案内ですよね。

でも、上で述べたように空き室全てが、イメージ違いのお部屋なら・・・

 

賃貸屋さんが案内に入る。

一つの部屋を見せる。

気に入らねぇ 

実は他の部屋、雰囲気全然違いますねん 

見ます? 

み・み・・・  見ます。。

気に入らねぇ 

まだありますねん 

見ます? 

見たってもええ。。

気に入らねぇ

 

どれか気にいれ( ̄Д ̄)ノ 

は、冗談よ。( *´艸`)

 

なんだか、案内も面白くなりません?

契約率、僕は上がると思うんですよね。

そして大事なのは、そのコスト。

上で紹介したアクセントクロス、確かに一般的なクロスより高値です。

普通のクロスで仕上げた場合の差額はね・・・

¥4.500也

4.500円の増額で可能なんですよ。

(当社単価より)

入居率を高めたいからといって、

家賃の何か月分も費やして見栄えする内装でリフォームする。

こんなことは誰だってできる。

リフォームはね、お金ぢゃないんです、センスなんです 

(by;LEON )

毎月の家賃の10%~30%位の出資です。

このコストで入居率が向上すれば、僕は出す価値有。

って思うからこその提案であり、

共感を得ていただいての実行なんですよね。

このアングルなどは、全て一般的な資材ばかり。

ただ、クロスや床材を雰囲気に合わせてチョイスしただけです ↓

リフォームとは幸せを生み出すもの!

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ただ単純に高くて見栄えをさせる提案ではなく、

オーナーさんもご納得のコストで、入居率を高めるリフォームをする。

安価・安価で誰も幸せになれないリフォームより、

オーナー良し・リフォーム業者良し・賃貸会社良し・入居者良し。

の4方良しの提案は、

幸せを生み出します!

って思うんですよね~

今日も応援のクリックを!!!
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP