必ず相見積もりを取ることです④

■ 日曜日ですね、いつも日曜日にはBEFORE/AFTERを

ブログにしていますが、今日は前回に引き続いて

必ず相見積もりを取ることです。

というタイトルで4回目を記事にしてみます。

しかし、3位になるのは難しいですね~

↓   ↓   ↓

■ 昨日は、見積もり提出のスピードや回答へのスピードの

お話をしましたが、今日は実際に各社から上がってきた見積書や

プレゼン資料などについてお話しますね。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

見積書やプレゼン資料もリフォーム会社によって様々です。

決められた書式がない業界と言っていいと思う。

そして、建築専門用語が飛び交う書式。

例えば、見積項目にこんな記載があったとします。

@サイディング目地シール打ち替えウレタンノンブリードタイプ

何いってんの 

って思いません?

サイディングとは、外壁材のことでシールとはコーキングとも言う

サイディングとサイディングのジョイント部分に打設されている物。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ウレタンノンブリードとは、シールの種類のこと。

通常はシールの上から塗装で仕上げますが、その際ブリードといって

シールの油分が塗膜に現れてしまい、黒っぽく汚れちゃう。

この現象を最小限に抑えますよ。

という品が、ウレタンノンブリードタイプのコーキングってこと。

だから、

@サイディング目地シール打ち替えウレタンノンブリードタイプ

を超分かりやすく記載すれば・・・

サイディングという外壁材のジョイント部分に打たれているシール(コーキングとも言う)を全て撤去処分し新たにウレタンノンブリードタイプと言って、塗膜によるブリードがしにくいシールに打ち替えます。

あ・ブリードというのは云々カンヌン・・・

ってなる

ので、リフォーム会社が記載することは悪いことではなく、

ようは、その内容に合わせて建築素人でも分かるような書き方や

内容の説明が添付されているか。

ってこと。

その会社に100%の信頼を抱いているなら別ですが、

単純に工事を受注したい理由で、見積単価だけを下げる為に、

耐久年数や収まりの適正などを考慮せず、

曖昧な資材で見積もってるかもしれない。

それを見抜くためには、見積もりに記載されている資材や工法が

果たしてどのようなモノなのか、これをユーザー自身が調べるのではなく

親切丁寧な資料が別途あってもいいぢゃん。

って思いますよね。

だから、十社十色の見積プレゼン資料は、

見やすく・分かりやすく・正確に

これを心がけている会社を選ぶことです。

決して金額の安いだけを見比べることではない、相見積もり。

大切なお家のリフォームです。

本当にあなたの側に立ち、全ての物事を行動する業者を選びましょう。

悪徳リフォームや、意味の分からない追加費用に泣かされるユーザー。

リフォームの真理を分かっていない業者は相手にせず、

完成の暁には、

『 リフォームして良かった! 』

こう感じることが、リフォームの真理なんですよね。

だって、リフォームは・・・・

幸せを生み出すもの!ですから

4回、全て見ていただいたあなたに感謝

上で押していない人は押してね。
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP