必ず相見積もりを取ることです①

■ 年の瀬ですね~

注文していた当社のカレンダーが届きました。

リフォームとは幸せを生み出すもの!

ずっと変わらずに送り続けている顧客さんや

今年初めてご依頼を頂戴したお客さん。

年々注文部数を増刷しています。

来年も良いお年になりますように。

という想いを込めて順に送らせてもらいますね

ぢゃ習慣のように、今日も応援のクリックをお願いします。

↓   ↓   ↓

カレンダーをお送りする時には、本年の手帳なども見返すわけですが

残念ながら僕の会社でリフォームしなかった案件もあります。

他社で行ったのか、リフォーム自体を保留にしたのか。

それは不明。

現在、リフォーム・建築業界は異業種も参入し戦国時代などと

言われていますが、これはリフォームをしたい人にとっては良いことだと

僕は思います。

但し、供給する会社が増えた分、

必ず相見積もりを取ることです。

ということで、今日から3日間

相見積もりを取るときのポイントやユーザーにとっての利点を整理して

お伝えしたいと思いますね。

まずは自分のしたい内容のリフォームを整理した上で、

取り扱っている会社を精査する。

リフォームと謳っている以上は、ほぼ100%に近い割合で

どこの会社もどんな内容のリフォームでも扱いはあると思います。

チラシ・HP・電話帳・フリーペーパーなどなど

とにかくあらゆる媒体からまず5社位に絞る。

絞った5社から、更に精査し2~3社に絞る。

そして実際に現地に来てもらったりして、2~3社に見積もりを依頼します。

この時大事なのは、他社でも見積を取ります。

って言っちゃうこと。

会社の名前まで言う必要はないと思いますが、

比較検討して選ぶことがリフォーム会社に伝われば、

競争原理が働き、適正な金額や

工夫のあるプランを提示してくる

可能性が高まります。

逆に、今のご時世に相見積もりを知らされて嫌気するような会社は

その時点でダメでしょう。

昔、僕の会社でリフォームを決めてもらって打ち合わせに

お伺いしていたお家があった。

お客さんとお話している最中に、電話が鳴りました。

お客さんは受け答えの中から、こう言われました。

『 あ、すみません。もう他社さんに決めようかと・・ 』

相見積もりの業者からのお伺い電話だったんですね。

するとね、

その言葉を言った瞬間に、一方的に電話を切ったらしい。

もちろん・・・

『 なんなんこの会社 頼まんでよかったわ 』

そりゃそうなりますよね。

複数の会社に依頼すれば、実に様々な対応があります。

電話の応対もそうですが、担当者の知識や誠実性など。

まさに十社十色なんですよね。

大切な住居を任せることになるリフォーム業者。

大切な大金を支払うことになるリフォーム業者。

本当に、あなたに合った会社を選び完成の暁には

リフォームして幸せになった!

そう感じることのできるリフォームをするために、一番最初の作業が

業者選びです。

ぢゃ明日は、具体的に相見積もりを取るときの利点などを

記事にしてみますね。

上で押していない人は押してね。
にほんブログ村 住まいブログ リフォーム(業者)へ


The following two tabs change content below.
上野太一

上野太一

(株)ダイケンリフォームサービス代表取締役。 1974年7月、大阪で生まれ大阪で育った寅年。1998年24歳で独立開業。2007年に会社を法人化し現在に至る。自社で請け負ったリフォームは、関わった全ての人の『幸せを生み出すこと』をモットーにしている。ブログは2011年5月から2015年5月まで毎日更新を続けたが、丸4年を機に毎日更新は断念。現在は不定期だが、極力更新頻度を高めてます。ブログ記事は商圏に関係なくリフォームに興味のある人・お悩みの人を対象に役立つことを書くように心掛ける。稀にお茶目な記事もあるけど、本当は真面目と風の噂もあり。そこは闇に包んでおこう。 (なんでやねん~☆(ノ ̄皿 ̄)ノ)

Tags:

Comments are closed.

PAGE TOP